11334. 伝える技術

いくら磨いても無駄な相手はいると思った。

ファンも身のうち、アンチは肥し

他の誰よりも先に私が「わかっている」からこそ、周囲にも「わかる人しかいない」サロンが形成されていく原理原則が分からない人には一生わからない世界がある。