11260. 小児のワクチンよりも

3度目の接種=ブースター接種の方に私の意識は集中します。

小児の接種については、いずれは森内先生が前面に出てきてテレビででも説明されるでしょうし、誰かさんが流すデマのように「何の検討もなく義務化することも強制になることも」日本ではあり得ない杞憂ですから。

眼科開業医が騒がなくても、小児科医が専門家として仕事してますから、ご心配なく。

(おそらく、各社横並び一斉解禁の週刊誌報道は、この「広く議論を」の一環なのだろう。お役所仕事のタイムラインから見て、もうずいぶん前から、この流れは上の方で議論の末、書類に大量の判子が押されて準備されていたと見るのが大人の常識だ、昨日の今日、誰かが騒いだから動いたことじゃない。)

それよりも、18歳以上の二回接種済みの全ての希望者が対象となるブースター接種の方が、対象者が集団として大きいので。

媚びナビに小児科医って、アメリカは内田先生、日本は「れおにい」先生だけですよね。

日本で小児科学会が態度を決めたら、れおにぃだけでは覆らないと思います。

大病院の小児科は「リスクのある子供たち」を抱えているので、接種できると、明らかにベネフィットがありますから、接種の道は開く(承認はする)

一方の地域の小児科開業医は個別接種には個別の見解を述べるでしょうし、足並みが揃うこともないし、揃えるプレッシャーも厚生省はかけることはしない。(奨励の度合いは成人よりも下げる、義務化はないと思う)

週刊誌がいいプロレスのネタを見つけて騒いで、それに「踊って」くれるコメンテイターが踊らされてるだけです。

2021年3月の時点で、私はTakaさんに切り込むことはしてるので、要らぬ忖度ナンざぁ、してません。