12058. 矮小な話題その6

あー、わかってないなぁ。

ワクチンによる「感染経路遮断」の効果ってのは、接種率がある程度上がるまでは、数字に見えないんですよ。焼け石に水なんで。

ある一定の閾値を超えると急に制動が効くようになるのは、現場にいると、実感として分かるんですけど。

40%になったのが、だいたい、お盆ぐらい。

新型コロナの場合、諸外国のデータから見てmRNAワクチンの接種が2割を超えたぐらいからブレーキがかかり始め、4割を超えると誰の目にも明らかに減るようになって行く。

それにコンスタントに打ってるって言うけど、最初は自衛隊設置(運営はJTB?)の大規模モデルナ会場もなかったし。100万/ dayなんて出来ないって言われてた頃が長くて、そのころは流行がまだ立ち上がる頃だったのも、二回目接種後2週間ってタイムラグもあることも、わからないのかなぁ。

彼の不幸は、なんだかんだでドリームチームが「三密」って真理を最初に見つけ出してしまったことにありますね。

不活化ワクチンに見向きもせずに、mRNAワクチンが予想以上に効果があったこと。

周回遅れのポジションだったから、欧米諸国でのワクチン効果が見えてしまった後での一般接種だったために、大衆はワクチン打って元の世界に戻ることを望んだこと。

などなどで、本当にADEなどニッチなところにしか、ツッコミどころが残らなかったため、彼のような「はぐれもの」に「ワイだけが」と言わせる隙がなく、実はほぼ出番なかったことですね。

ADEは私が最初から目をつけてたところなんで、「ワイだけが」に私がどれだけ腹を抱えて笑っているか、彼は顔には出せないけど腹の中では痛烈に知っている。

その結果、いいなちゃんはイベルメクチンに手を出し、金魚博士は不活化ワクチンに手を出しアウト。

「空気感染」だって、最初にドリームチームが言い出したことだ。「密閉」「換気」から読み取れない人が騒いでるだけで。

峰さんと言う、ただの声の大きいだけの「いち民間人」を、厚生省そのもののように見立てて「俺スゲェ」って言うのは「風車に突進する」行為なのですけど、峰さんは誇大評価して貰えて嬉しいことでしょうppp

まともな免疫学者の言葉は刺激になるので楽しみです。議論することで見えてくることはあるからね。

こっちは「悪魔にもツッコミ」が出来る人が集まりつつある。

美味しく料理させていただくんで素材の提供を、待ってますよ。

閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS:obstructive sleep apnea syndrome)
IPが何かは、私にはわかりません。
IPはinterstitial pneumonia(間質性肺炎)の意だそうです。