11978. 意見を求めるなら

私に対するブロックを解いてからにして欲しいもんだ。

https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0093.html

ワクチンを接種した人が変異株に感染すると重症化しやすい(抗体依存性感染増強(ADE)になりやすい)のは本当ですか。

現在までに、新型コロナワクチンを接種した方に、抗体依存性感染増強(ADE)が生じたという報告はありません。

抗体依存性感染増強(ADE)とは、ウイルスの感染やワクチンの接種によって体内にできた抗体が、ウイルスの感染や症状をむしろ促進してしまうという現象です。

これまで新型コロナワクチンを接種した方で、ADEが起こり重症化してしまったという報告は、臨床試験でも実用化後でも、現時点において確認されていません。

稀ではありますが、ワクチン接種によりウイルスに感染した時の症状が増強してしまう現象(ワクチン関連疾患増強)が起きることがあります。これには、免疫に関与する細胞のうち、Th2とよばれる細胞が優位にはたらくことや、ウイルスへの結合能を有するものの中和活性の低い抗体が、ウイルスの細胞内侵入を助長したり、複合体を形成して気道の炎症を引き起こしたりする等の機序が考えられています。

新型コロナワクチンの開発に向けた各国規制当局の会議では、動物実験(非臨床試験)やヒトでの臨床試験の段階から、このようなワクチン関連疾患増強の可能性に注意しながら開発する必要性が指摘され、新型コロナワクチンを開発する製薬企業には、動物実験や臨床試験において、①中和抗体の誘導の状況や、②Th1とTh2という免疫のバランスを検証する(Th2が優位でないことを確認する)、といったことが求められました。

現在、日本で接種が進められている新型コロナワクチンにおいても、開発段階で様々な実験動物を使用して、中和抗体の誘導やTh1とTh2のバランス等が確認されており、ヒトにおける疾患増強リスクについても、引き続き実用化後も情報収集していくことが薬事承認審査の過程で求められました。

今後も、新たな変異型が出現した場合には、ワクチンを接種した人でADEを含めた疾患増強が生じるかを観察する必要はありますが、現時点ではこのようなリスクの懸念はないと考えられます。

(参考資料)
FDA.Development and Licensure of Vaccines to Prevent COVID-19
ICMRA 第2回COVID-19ワクチン開発に関する世界規制当局ワークショップ(PMDAホームページ)
PMDAの審査報告書(ファイザー社のワクチン)
PMDAの審査報告書(武田/モデルナ社のワクチン)
PMDAの審査報告書(アストラゼネカ社のワクチン)

これのどこが問題かい?私なら相手してやるよ。

「これには、免疫に関与する細胞のうち、Th2とよばれる細胞が優位にはたらくことや、ウイルスへの結合能を有するものの中和活性の低い抗体が、ウイルスの細胞内侵入を助長したり、複合体を形成して気道の炎症を引き起こしたりする等の機序が考えられています。」の中に荒瀬抗体の機序も含まれている。

ウイルスへの結合能を有するものの中和活性の低い抗体が、ウイルスの細胞内侵入を助長の部分が、それに当たる。

「等の機序が考えられています」には、新型のウイルスだから、今後も未知の機序が研究によって解明される可能性は否定してない。

過去にあった事例を網羅し、少なくともそれは否定できるデータを揃えさせたけども、それでも新型ウイルスと新しいワクチンだから「モニタリング」をPMDAはファイザー他に対して課した。

デルタ株の現在まで、mRNAワクチンでは抗体に起因すると考えられる疾患増強は見られていないのも事実。

審査報告書(モデルナ)には以下のように書いてある。

以上より、ワクチン関連呼吸器疾患増強を含むワクチン関連疾患増強を重要な潜在的リスクに設定し、 国内外の製造販売後臨床試験及び製造販売後の調査において、引き続き情報収集する

機構は、申請者の説明を了承した。本剤のヒトでの疾患増強リスクについては、製造販売後において、 海外の情報を含めて引き続き情報収集し、新たな知見が得られた場合には速やかに情報提供を行うこと が適切と考える。

これの一体、どこが間違ってるって?

媚びナビは、意図的に、「ADEを含めた疾患増強が生じるかを観察する必要はあります」の部分を「99.999%無いと言っていいからデマです」と峰さんが言い換えた、その罪は私はこれまでにも何度も言及しているが、厚生省のこのQ&Aを問題視するYのやり方は間違っている。

11149. 6月9日の峰さんの動画は

11093. 峰さんフォロワーにお願い