11971. 気が変わりました

いいなちゃんのライブを見て、気が変わりました。

彼はテレビに呼ばれる人じゃないから、大きな影響力はない。

一方で、女性セブンから取材を受けて、公明党に担がれる予定の「医師」は今後、テレビに引っ張られる可能性がある。

11922. いいなじゃないよシリーズも

11921. ワイが一番氏34なら

「いいな」ちゃんはインターフェロンしか言うことがない、ガンマとアルファの区別がつかない彼の言うことが支離滅裂だと言うのは、医学系でない生物系でも分かりますから。

イベルメクチンと不活化ーと推しだけでセンスのなさを露呈したし。

それよりも「医師」の肩書を使っているけど、COVID-19患者を一人も診察したことのない「発熱患者お断り」眼科医の方が、よほど、誤解を招く存在です。

現場は疲弊しきっています。

腹臥位もネーザルハイフローも、散々、やって、PPEの入荷困難に神経すり減らして、UV殺菌でN95を使いまわして、もう限界まで働いて、たくさんの仲間がPTSDになって離脱していく中でなんとか踏みとどまっている人たちに向かって、安全圏から「Yが一番」って言い放つ存在が、マスコミに出て来るのを見てるのは辛い。

「新型コロナに関してはオンライン相談のみの対応」

少なくとも彼が自分の眼科医院では発熱者をお断りされていることぐらい、お知らせしても何の名誉毀損にはならない。