11963. シンガポールの今2

ブレークスルー感染は軽症で終わるか?

それとも、従来通りの比率で高齢者が重症化するか?

それとも、予想外に若い世代でも重症化するか?

シノバックを先行接種したインドネシアの医療従事者で死者の異常増加が見られたために、世界各国はシノバックからmRNAあるいはアストラゼネカに切り替えた。(インドネシアやタイなど、亜熱帯・熱帯の国はデング出血熱が2回目感染時のADEで起きることを知っている)

イギリス&イスラエルは、ブースター接種で乗り切るようだ。

日本は当初のコビナビ&知念さんのイケイケムードから一転して「ワクチンしてもマスク」が定着する時間はあった。周回遅れの利点は十分に生かされたと思う。

抗体は下がっても、メモリーが残っているから実は「終生免疫」が否定されたわけでもないのだけど、感染予防効果と重症化阻止効果、次の人に感染させない効果、それぞれがどのような免疫の仕組みによるのか? わかる人には伝えるだけの時間はあったと思う。

11962. 感染予防と重症化阻止と二次感染予防

永江氏が、デルタ波で周りに感染者が出て普通にワクチン接種してるように、デルタは医療崩壊を可視化してくれる効果もあった。

今は、エラーカタストロフ以外に安易な弱毒仮説を唱える人は居なくなった。アルファとデルタの間での「感染拡大力」の差が、彼ら上久保&高橋泰の予想を超えていたからだ。

最後、ウイルスがどこまで進化するか? 当然、モルヌクラビル耐性が出るだろう未来までも折り込み済み

問題は、ロナプリーブなどの抗体薬も効かなくなるワクチン逃避変異がどこまで進むかです。ここだけが、人によって意見が異なり、不確定要素として残るシナリオ分岐点。

私が3月からずっと繰り返し伝えてきて、最後、妨害にあって排除しきれない点が1つ、残っている。

厚生省のQ&AをY一氏は問題視するが、彼らは間違ったことは言ってない。

「今後も、新たな変異型が出現した場合には、ワクチンを接種した人でADEが生じるかを観察する必要はありますが、現時点ではADEの懸念はないと考えられます。」

「今後も、新たな変異型が出現した場合には、ワクチンを接種した人でADEが生じるかを観察する必要はあります」が、私の言いたかったことで、ここを「あり得ないデマだ」と削除して広めた媚びナビを私は断罪してきた。

「現時点ではADEの懸念はないと考えられます。」これも、mRNAの国日本では事実。

大事なことだから、繰り返す。

厚生省のQ&AをY一氏は問題視するが、彼らは一切間違ったことは言ってない。

もしもADEが生じる株が生まれることがある未来があるとしたら、それが見えてくるまでに、「ファイザーもFDAも厚生省も各国の機関も、デングワクシアを知るものはみんなADEの懸念ぐらい知ってて、慎重にモニタリングしながら、早めに手を打つことで人を守りながら、この先に導いて行こうと必死に誠実に仕事をしてるのだ」と、私は皆さんに知って貰いたいのです。

厚生省をとっちめるワイって凄いと、ナルシストの鏡に厚生省を利用するのは、間違っている。

媚びナビと一緒にするな。

ADEの懸念に思いが及ばず、デマだと言い切ってたのはアマチュアな峰さんと、それに抱き込まれた河野大臣だ。

仕事師である厚生省とPMDAを、自己アピールの道具に使うんじゃないよ、スタンドプレー大好き子供が(怒

11889. 論点を整理しておきます

11892. 論点を整理しておきます2

彼は今後、公明党に担がれ、宮沢先生のようにマスコミに出ていくだろう。そこで、さらにワイ凄いを言いたいために、理解のおぼつかない自分を棚に上げて、厚生省がーと言うのを、私は危惧している。対決して責めるのなら、峰さんと媚びナビだけにしておけ。彼らはADEをデマだと動画で言いきったのだから、そこは責められてもしかるべき。

11149. 6月9日の峰さんの動画は

しかし、「今後、人を見なければ、in vitroや動物実験ではわからないリアルワールドを見なければ、ウイルスが進化した先の未来はわからない、だからモニタリングを課した」PMDAの判断は100%正しいし、慎重にそこに触れつつも、今のデルタでも効果があったmRNAワクチンの接種を進めるようにもなってた厚生省のQ&Aは、科学的にも妥当な文言になっている。

それを、媚びナビと一緒にするな。