11645. エラーカタストロフ理論

なんてものでウイルスが自壊するほどのエラーはコロナウイルスには入らない。

新型コロナウイルスのエラーrateは、25アミノ酸置換/year程度でしかない。その変異自体もSタンパク質に集中して免疫逃避&感染力上昇に使われている。

According to the study, C.1.2 has 41.8 mutations per year. It is approximately 1.7-fold faster than the current global rate and 1.8-fold faster than the initial estimate of SARS-CoV-2 evolution.

https://www.business-standard.com/article/current-affairs/south-africa-detects-new-variant-of-interest-of-covid-19-c-1-2-121082900752_1.html

波が上がって下がる、これは「人が感染者が増えて来て死者・病人を身近で見れば、行動を改める」ことと、小さな集団の中での「集団免疫」の達成によるものでしょう。

インドはデルタ株が収束するまでに7割が抗体を持つに至った。(逆に言えば、そこまで広がり得た、広がるまで自壊などしなかった)

Meanwhile, India has also reported the presence of a new sub-lineage AY.12 of the Delta variant of Covid, that was recently classified in Israel.

A recent report by the Indian SARS-CoV-2 Genomics Consortium (INSACOG), many cases in India that were earlier classified as Delta, are now being reclassified as AY.12.

そして生き延びたウイルスはさらに進化して再登場する。

AY.12IsraelC23934T (S:T791I)