11615. コメント(11614)

(コメントいただきました)

11614. 西浦計算式2

西浦モデルは、数学的には比較的素直なものだと思います。
ただ、係数をどれだけいれるか、どのような値を入れるかが、ものすごく難しい問題。

古瀬先生のモデルは、ここのRスクリプトをみれば、なんとなくわかると思います。
(西浦モデルから、そうかけ離れたものではありません)
大量の項(係数)が考慮されていることがわかります。この組み合わせにたどり着くのは至難の業。
Rスクリプトなので、自分で数値を変えて、目の前のパソコンで結果を見ることができます。
各変数がなにかのコメントが少ないので、とっつきにくいですが(本人がわかればいいのでしょう)
この手の計算をかじった人間でしたら、イメージは沸くと思います。
https://github.com/yukifuruse1217/2021_06-09_tokyo_projection

(以上、ありがとうございました)

はぁ、私にはなんのことやら、さっぱりです。

でも、大体、予想と実測があうようになってきたら、パラメータは網羅できたってことですから、あとは、そのパラメータが「減る」方向に施策を向かわせるってことにはなるんですよね。

問題は、その施策がうまく「方向性」が正しく働かないってことで。

私にしてみれば、ジャンルごと潰れてまえばいい!ですが。