11562. 気持ち悪いですと言う権利は

誰にでもあります。あなたにも私にも平等に。

鳩さんのように私が言ってもないことをデッチ上げての言いがかりには私は反論しますけど、Amberlystさんの「お気持ちの表明」については、ご自由にです。

11532. 解釈は自由

誰かが私のことを専門家でないと言うのも自由。

私が、野菜の全く出てこないクッキング画像から本物の農学部生っぽくないと言うのも自由。(医学監修者は使っている言葉から45-46歳ぐらいの男性医師と見ます。)

私も彼女も、どちらも実名・顔出しではありません。匿名空間での属性ってのは自己申告に過ぎませんから、書いてる内容から信用するも疑うも自由。

作品を世に発表すれば、様々な批評(賛否両論)に晒されるのは世の常です。同人誌の創作グァバちゃんだろうが、大作家先生の超人気連載『ワンピース』のナミだろうが。

お気づきかと思いますが、私のハンドルネームは「悪魔の提唱」です。

’Devil’s advocate’ には、「わざと反対する人」、「議論を深めるために少数意見の立場をとる人」という意味があります。場面によっては、「あまのじゃく」とか「難癖をつける人」といった意味でも使われます。
この ‘Devil’s advocate’ が面白いのは、相手を批判したり論破したりするために「悪魔」になるのではなくて、論理の正しさを確かめるためや、考えに漏れがないかを確認するために、あえて反対の立場を取って検証してみる、というところだと思います。
http://v-english.jp/eikaiwa/staffblog/0915606 より引用

ですから、私のブログは悪口しか書いてないブログですと最初から名乗っています。このスタイルを貫いて既に5年近く。今更、軌道修正するつもりはございません、悪しからず。

(あなたに了承は求めていません、ご批判は今後もご自由に。私はあなたの権利を尊重します。)

11546. 残りの雑魚を片付けます