11459. コメント(2021/8/2)

(コメントいただきました)

 こんばんは。半年ほど前に一度だけメールを差し上げたことのある関西地方の養護教諭です。その節は暖かいお言葉をいただきありがとうございました。その後も悪魔先生のツイッター、ブログに導かれて大過なくコロナ対策を進めることができております。ありがとうございます。

 悪魔先生のブログでもこのところ、シンガポールが新型コロナウイルス感染症の扱いを変えたというような話が少し出ていますが、日本では少し誤解が起こっているように思いました。シンガポールでは、現在でも毎日感染者数をキッチリ数えて保健省が発表しています。また、KTVというカラオケラウンジやジュロン漁港を発端としてフードセンターや生鮮食料品を扱う市場でクラスターが多数発生したことから、一時緩和されていた社会的規制も7月22日から再び厳しくなっていて、社交的会合は1回に2名、1日2回まで、飲食店の営業はテイクアウトか配達だけが認められる等、日本では考えられない程の厳しく細かいルールが課せられています。この情報はシンガポール政府及びシンガポール保健省のホームページから得たものです。私は修学旅行の引率と個人旅行で過去に複数回シンガポールを訪問しており、現地情勢に並々ならぬ関心があるのです。そのため「シンガポールではコロナははやり風邪扱い」とするデイリー新潮の記事には困ったものだなぁと思った次第です。

 現在は夏休みですが、2学期が始まったときにコロナの流行状況が大きく改善しているとは考えにくい状況です。ワクチン接種の有無に関わらず屋内では不織布マスク、換気の物理的防御を徹底していくしかないと考えておりますが、今後も悪魔先生のご発信を闇夜のともしびとしていきます。忙しい毎日をお送りのことと存じますが、お体にはくれぐれも気をつけてお過ごし下さいませ。

(以上、ありがとうございました)

シンガポール情報、ありがとうございます。

華僑が仕切る国のはずのシンガポールが、そこまで大胆に方針を変えることに違和感は覚えましたが、他に情報源がなく何も言えずにいました。

一度、開けてみてダメだったら即座に厳しい対応を取れるところ、とても羨ましいです。

日本の場合は、ガタイがデカいために、即断即決即対応と行かない。特に安倍首相から菅さんに変わってから酷くなったことが残念でなりません。が、五輪が終われば、せめてパラリンピック前には方向転換ができればと思っています。(じゃないと感染のピークに学校を再開することになってしまう)

日本の場合、アナウンス効果が大きかったのだけど「ワクチンを接種してると重症者が増えなくなった」というのも緩みを誘ったように思います。

学校での拭き掃除はまだ続いてますか?

CDCが、接触表面からの感染はほとんどないと発表しました。先生方の忙しい時間を搾取するような無駄なことは、やめて、窓開けに集中して欲しいと思っています。

下水のモニタリングは日本では向かないと思いますが・・・表面からの接触感染ルートは無視しても良いぐらいだというのは朗報です。