11435. コロラド先生に似てる雰囲気の人

どうして似てるのか? わかった。

一度は理学部で研究をしてた、

でも、リタイアして知識のアップデートがないままに、「専門外」のウイルスに首を突っ込むところだ。

おそらく、リジェネロンの抗体薬がどうやって作られているかも、ご存知なかろう。

カクテルって言っても2種類だし・・・

いくつものモノクロの中から選びに選んだものを絞って入れてるんだけどな・・・

くっつく場所によって、いい抗体と悪い抗体がある。だから、単クローン抗体に意味があるんだけどな。

知識が古い人とは、話が噛み合わない。

[チューリヒ 12日 ロイター] – 米製薬リジェネロン・ファーマシューティカルズは12日、同社が開発する新型コロナウイルスの抗体カクテル治療薬について、家庭内での新型コロナ有症状感染リスクが低減することが臨床試験(治験)で確認されたとし、米国で予防治療薬としての承認取得を目指すと発表した。

治験データによると、家庭内に感染者がいる場合、2種類のモノクローナル抗体を組み合わせた治療薬の感染予防効果は初めの1週間で72%、それ以降で93%だった。

[東京 20日 ロイター] – 中外製薬は19日、新型コロナウイルス感染症の治療薬「抗体カクテル療法」について、厚生労働省から特例承認を取得したと発表した。軽度から中等度の治療薬として承認された。

抗体カクテル療法は、2種類のウイルス中和抗体を組み合わせるもので、中外薬は昨年12月、提携先のスイスのロシュから日本での開発権と独占的販売権を取得した。中外薬は今年5月、この療法が薬事承認された場合、日本政府が調達することで合意したと発表した。