11400y. キリ番挨拶(2021/7/26)

末尾が00のとき、自己紹介を兼ねた記事をupすることがあります。

今回は、このブログの成り立ちについて。これまでも何度か繰り返していますが、じわっとご新規様が増えているので、私がネトウヨであることは隠してませんし恥とも思ってないと書いておこうと思います。

このブログを作ったのは2016年の9月です。今はもうどこに行ったか分からなくなったハングル板の余命三年時事日記って真に受けていいの?スレから追い出されて、ブログからスレッドにチャチャを入れていたのが、最初でした。

NHKがクローズアップ現代プラスで「弁護士不当大量懲戒請求事件」を取り上げたのが2018年。

https://note.com/nhk_syuzai/n/n02c42a4bf16b

この番組を「ネットカルト」という視点でプロデューサーが捉えてくれたのは、私の功績の1つと自慢しておきます。

あれから既に三年も経つのですね。月日がたつのも早いものです。

私のブログのタイトルは「余命三年時事日記考」と言います。余命ブログと呼ばれると不快に感じるのは、私が「アンチ余命ブログ」だからです。

yomeiblog.comというドメインは、余命ブログって何?とネット検索する人たちをトラップして、あちらに近づけないためにつけたSEO-Search Engine Optimizationドメインでした。

3186+. ネット殺人

私が身バレを避けているのは、現存する余命信者の中で一部の過激派が今も私と家族を狙っているかもしれない用心の為ですが、私がこのブログを書き続けて来たことは、恥でもなんでもありません。むしろ、ここ数日のコメントに、「やって来たことは間違ってなかった」と安堵する思いです。

私のブログが他のブログと最も大きく異なるのは、「インフォデミックス」への対処を意識していることかもしれません。

インフォデミックスの中には、素人のコロラドさんだけでなく、京大の看板を背負った宮沢さんも、医療クラスターである媚びナビも含まれます。

私の方がデマ屋なのか、それとも彼らの方がデマなのか。いずれ答えはわかる。

あまりに荒唐無稽な「磁石がくっつく」「5Gに接続」「二年後に全員、死ぬ」そんなレベルとは異なるADEをめぐる議論は、普通の人には難しいかと思っていましたが、それでも少しづつフォロワーもアクセスも増えて、本質を理解される人が増えている手応えを感じます。

私のブログの特徴は、「文章のソムリエ」を自認する私が、誰かの書く文章から「わずかの違い」を見つけ出すことです。

11399. ばぶたんのトーンダウン

11398. 宮坂先生もトーンダウン

このあたりの記事、1ヶ月後に読み返すと面白いと思います。

抗体が高く保てなければ感染防御効果は失われます。そこはもはや確定事項と彼らにもわかった様です。

あとは重症化阻止の効果がいつまで残ってくれるか?それともウイルスが凌駕する変異を獲得するか?

媚びナビチームが「抗体が下がること」and 「ウイルスが変異すること」に気づいてくれたら、私の仕事は半分以上は終わった様なものです。

ADEが現実化するか否かは、ではなく、現実化したとしても被害を最低限に抑える様に布石を打つことが私の目的ですから。

10年どころか30年経っても私は何者にもなれなかったとも思う、それでも何かが出来たとも思う。

コロラドさん、マスクだけでなくパルスオキシメーターと酸素濃縮器を中国から輸入したいのか。

Sunaさんあたりと組んでるのかなぁ。裁判費用が、欲しいのかなぁ。

なぜに、全く畑違いの医療領域に物理屋さんが手を出してくるのか、疑問です。