11369. コメント(2021/7/21)

(コメントいただきました)

いつもありがとうございます。医学的知識がない一般人なので、こちらのブログを良いことも悪いことも全てテーブルに並べてくださる場として活用、勉強させてもらっています。
20代前半の息子と娘のワクチン接種について本人も親も迷っています。若い人は迷う時間を与えたいとおっしゃっていましたが、早晩決断しなくてはなりません。心筋炎、不育症のリスクはゼロではないし、現行ワクチンをすり抜ける株も出てくると思われる反面、若い人も重症化すると叫ばれているデルタ株からだけでも逃げておく方がいいのか。子供たちは今後も当分は他人との飲食はしないと決めているようですが、社会生活を送る以上人との接触は避けられません。私も夫もハイリスク年代なので打ちました。
結局は自分の責任で決めるしかないというのは承知していますが、SNSに流れてくる意見はコビナビ含めて打つ一択で、少し違和感があります。悪魔の提唱者様でしたらこのリスクベネフィットの天秤をどう見られますか。お忙しいというのは承知しておりますのでご負担でしたらスルーしてください。

(以上、ありがとうございます)

悩みますよね。科学的に絶対に正しいって媚びナビを信じたら話は簡単なんですけど、疑い出したら悩みますよね。

ズバリ、それぞれ自分の性格で決めたらいいと思います。

周りの風潮に従って生きる方が楽なら接種お勧めです。だって接種しないと非国民扱いされる不利って現実にはあると思いますから。長いモノには巻かれろです。それで「みんなと一緒」で安心できるでしょう。(みんなと違ってマスクだけはして欲しいですが。)

でも、自分で考えて人と違うことで問題ない生き方の出来る人なら「様子見」です。どうせすぐに変異株になってワクチン効かなくなりますから。夫の入れた予約はキャンセルされてしまいました。ワクチン入荷の見込みがないって。

怖がりな人なら逃げてもいいですし、モノぐさな余りに予約が出来ずに脱落する人も相当数じつは出るのではないかと思います。職域接種や大学生ではない非正規雇用者を中心に、若い人ほど「乗り遅れる」層はいるのではないかと。

『私自身は今時点での解除には懸念を持ってますし、日本がこれに是非倣うべきとも思っていません。』
『英国の今後が現予想の範囲に収まったとして、それは日本で受容できる被害規模ではおそらくないこと』
『拙速に制限解除を行うことで追加で生じる被害として受容できる閾値が日本と英国で異なることは全くおかしなことではありません。』

アべマの画面のトーンとは若干違うようにも私には見えますけどね。

「終生免疫ありがとう!」の知念先生の最近の変化も私には見えますけどね。

結構、傲慢な感じだったよね。未接種=愚民って態度だったけど、この3日ぐらいでも変化はある。

ワクチン届かなくなったから。

11364. 接種率は上がらない前提で

「単純に接種率を競うゲーム」としてた媚びナビにも変化が。打てるところから打て!だったはずが狂いましたね。

11364. 接種率は上がらない前提で

11328. 媚びナビ2回目の大臣訪問

11302. WHOの思惑

11202. 小児へのワクチン接種