11330. see you next time

西浦先生 呟くといつも絡まれるけど。それでパワーチャージするとはタフな人だ。

なんとなく頭の中が見えた気がする。

多分、ワクチンを過信してイベント解禁の動きにどうするか?に悩まれてのことと拝察する。

イギリスが19日に全面解除になる。高齢者にワクチンが効いているうちに若者に「自然感染」を広めてワクチン代わりに集団免疫を一気に達成させる手段に出るようだ。

これが成功するか?失敗するか? 日本のワクチン接種率が今、供給律速で足踏みする(2回目優先のため、中途半端な免疫にならずにナイーブは完全なナイーブとして残すため、新規をいったん締め切った状態)のも、観察して結果待ちのタイミングなのだろう。

もしも接種率が6割を既に超えていたら、即座に国境を開いてしまって、中華ワクチン国から日本の医療にただ乗りたい人が押し寄せて来て大変な事になる。そっちの勢力との鬩ぎ合いなのか?

私もそのつもりです。先を見通せて、みんなで渡り切れるとわかったら、私の役目は終わる。

効果があると言ってながら、一点張りが持たないって矛盾したメッセージ。これが西浦批判に繋がってしまうのも無理はないだろう。見てる時が、少し先の未来と、そのまた先の未来の違いがあるから。

接種率を一気に上げないと、中途半端な免疫を持つ人が増えてしまう(1回目で日和ってはいけない、2回でフルチン)

接種率を一気に上げないと、医療負荷が目に見えて減る効果は実感できず、オリンピックで入ってくる感染者に壁を作る第一の目的すら達成できなかったので、「ワクチンの効果」を否定する言葉は口には出来ない。

しかし、その効果は インド株の前では長くは持たない。どれだけ持つかは、インド株が見えてきた時点からずっと悪くなる一方なのを見守ってきた。

しかし、イベント解禁の圧力は強く、オリンピックを無観客にするのが精一杯。

オリンピック後、世界が感染爆発に向かう中で、イベント解禁にしていいのか?

西浦先生の悩みはここにあるのだと私は理解した。

「ワクチン非接種者を中心とした相当数の感染者・死者」については、接種機会を完全に提供した後だとしたら、完全に自己責任だ。周りが未接種だけが感染するフェーズが今のアメリカのように一時、来る。それで接種に転向する人は出る。

問題は、そのまた先、「終生免疫だ!」と吹き上がった接種者の抗体が、あっというまに下がった後のこと。大人しく接種してくれた人の間にまで感染が広がった場合だ。その時は「自己責任論」は通じない。

彼らの頭の中にはADEはない。

あったら、もっと強く「経済」優先の人たちに「危険」を今から説くことが出来るだろう。(専門家に知識があっても相手がキャパ的に理解できないのかもしれない。)

それは、19日からのイギリスが教えてくれる。オリンピックが終わった頃には答えが出ているだろう。おそらく西浦先生が思っているよりももっと悪い結果として見えてくる。日本の周回遅れは、今こそ最大にメリットが発揮される。経済がーの人の頭にある中華圏の国の様子はいくらワクチンを打っても元には戻らない。それもますます激しく見えてくるでしょう。

11255. いずれわかる時が来る。

(彼らの目にはワクチンはワクチンと見えてることだろう、そこは彼らには敢えて誤解してて貰った方が都合がいい部分もある。中華好きの人にとっては中華ワクチンだけが劣等だとは公式には認められないだろうし。下手すると自分たちが接種させられてるかもしれないものね)

11303. 宮坂先生のfacebookを記録

11327. 免疫学者には触るな

宮坂先生にマウスではない in vivoが見えるようになるのも、ただの時間の問題でしかない。

後追い研究ーイスラエルを見よです。

私も本務に戻るよ。

媚びナビの軌道修正は起動した。方向性さえ間違ってなければ後は事実が後押しする。

11328. 媚びナビ2回目の大臣訪問

「ADEは少しだけ科学を知っている人が作ったデマで99.99%無い」と言い切った赤子の始末は、そちらで付けてくれ。彼がやらかしたのは空気感染に続いてこれで2回目だ。最前線には居ないのに感染免疫学の第一人者と担いでいいのか?彼らの見識が問われる。

信頼できる統計疫学者にイスラエルの監視はお願いしました。

ワクチンの効果はある。一時期しか持たないだけで、それでも第五波の医療崩壊を1回はキャンセルする力はある。だから私は接種に自らの一票を入れた。

それと反ワクチンのレッテル貼って話を聞かない人を黙らせるためでもあった。人が何かを決断する時に、理由は1つとは限らない。むしろ多くの理由を付けられる方を選ぶものだ。

11276. 私がワクチンを打った理由

11301. 余命ブログの人ちゃいまんねん

医療崩壊を先延ばししているうちに、世界の叡智を結集して道を探す。それがイベルメクチン だと言うなら、花木さんはきっちり治験を終わらせて欲しい。

11277. イベルメクチンは重症化を早める

私にしか出来ないことは、今はリアルにある。

うまくいかないことがあるからって現実逃避してちゃだめですね。本当はこの週末からネット断ちのはずだったのに、ずるずると依存症でした。

反省です。今度こそ仕事します。

See you next time!

11263. 定期的にアクセスを減らす

11304. 抗体が下がった時(未来時制)

11310. キリ番じゃないけど挨拶

11309. フォロワーが増えました

11326. ご新規様へ

7月11日にコメントをくださった方へ、お返事記事のリンクを間違えてました。失礼しました。こちらになります。

11319. コメント(2021/7/11)

私は素人集団媚びナビよりも、プロフェッショナルが揃った政府の専門家会議を信じます。ファイザーモデルナを選び、アストラゼネカを承認しても海外へ流す。タイで、中華ワクチンの上書きのために1回だけアストラを打つ使い方をアドバイスしたのが日本側だとしたら、その人はウイルスベクターの弱みも含めて分かってやっていると私は思います。

彼らは私が知ってることぐらい、とっくに知ってて計算してて、やってます。ドリームチームは今でも健在です。

未知の感染症に対して、誰も正解を持って居ません。だから「誰かに決めて貰う」ことは出来ない。自分のことは自分で決める、それなら結果も自己責任です。国は接種を強制していません、あくまでお願いベースで奨励してます。強く努力義務とはしてますが、それでも個人の意思を尊重しています。

私が媚びナビが最低だと思ったのは、「個人の意思決定」を奪おうとするからです。

人は自らの選択の結果を自分で背負うのですから、「つべこべ言わずに打て」だけは言ってはならなかった。

私のように接種を選択したとしても、それは自分の意思であると明確に覚悟を決めて打って欲しいのです。

ワクチン忌避の権利も認められています、真田幸村の兵法です。ただし物理的感染防御はお忘れなく。

(プラグを抜くは犯罪です)

では、今度こそ本当にsee you next time!