11292. 変異型のない時代のメッセージと

今の人たちの感じる疑問は、だんだんとズレて行く。

リアルタイムに「論文」どころか「記事」ですら追いつかないのだなぁと感慨深く思う。

だからSNSで不確かな未来を予想するってのが、人の一番知りたい情報になり「ピークアウト占い」が流行るんだと私は思う。

接種忌避になる人が、若い=妊娠をこれからに控えた女性(看護師)に偏るのは、無理もないと私は思います。

不妊のデマって言うけども、それが一番最後まで「無い」と証明するのが難しいからです。

そして、不妊は一生の負債として女の人生を左右するのは紛れもない事実だから。(無いとは言わせない、産めない生まない人への差別は根強い、何より本人が苦しんでる)

この記事は感染率が日本の100倍あった(今でも日本よりも高い)アメリカの「危機感」を背景に描かれていて、日本人医師が発した言葉であってもアメリカ在住の人の言葉には、ある種の「他人事」を日本人は感じるのも事実。

一般人でコロナを「普通の風邪」と思いたい人に対して、ワクチンの必要性を納得させるのは難しい。

でも、商売で「コロナは普通の風邪」主義者を演じていた永江一石氏が、早々にワクチンを完了して、嬉しそうにIsseki Nagae/永江一石 ワクチン2回接種済み とプロフを変えてるのには笑いました。

(彼は元からワクチン否定主義者ではないので、まー当然と言えば当然なのです。)

確か集団免疫はすでに成立している説の上久保医師も接種したんですよね、京大で医療者枠で。

あとは宮沢さんがどこまでワクチンしないで頑張るかです。

(コロナを飲み干せるチョビ髭は職域接種をするだろうと予想します)

ありがとうございます。「つべこべ言わずに打て」じゃなくて、聞きたいことは全部聞いて納得して接種する人は接種する、しない人は大人しく感染予防を徹底するで行きたいです。

素直に政府の言うことを信じてワクチン接種に協力する方をdisっているつもりは毛頭ありません、私は私と同じくらいに猜疑心の強い人が自らの需要に応じて読んでくれればいいと思っています。

二年前は、ウイルスやら免疫やらの話を普通の人が日常会話で?するようになるとは思っても見ませんでした。

一年前は、ここまで自分の持ってるものを全部、表に出すとは考えていませんでした。

新型コロナ、恐るべし。

(万一身バレした場合でも、私は「呼びかけられても」答えません。悪魔で匿名でバックレますので、あしからず。)

こういう対策とかについては、きっちり振り返って、次のパンデミックに教訓として備えるのは大事だと思います。

私は自分自身が感染するとは実は思ってないので(医療従事者ではない引きこもり)ワクチンしないと感染するよ!って脅されても、へ?なんですよね。

でもワクチン接種率を上げるのには「協力」しました。親にも接種させましたし。

副反応とか今後のこととか、自分の体を提供するんですから「つべこべ言う権利」は誰にも奪われたくないんですよ。ただ、それだけです。

11126+. 免疫原罪

考えるな、黙って打て! あの言葉にはカチンと来ますわ。

そうなんですよね、そう言われたら、はいって素直に受け入れられるのに。

今、古い型のワクチンの在庫が切れてて、いずれは若い人には新しい型のワクチンが回るってのも、あってもいいように思います。

あの媚びナビには、こちらがバカにされてる気がするのが嫌なんですよ。

ほとんどの人は、そんなものでワクチン拒否してるわけじゃないのに、そこだけに拘ってクラブ活動してきた甲斐があるってものでは?