11279. もうちょっと勉強しようぜ>知念先生

色々と間違ってます。

ポリオの不活化ワクチンの効果は、発症予防です。あなたの大好きなメモリー細胞を残しておいて、感染したことを察知してから慌てて、しかし速やかに作られる抗体が発症を阻止してくれる。ポリオの問題は下痢症ではなく小児麻痺だから、それでもワクチンに十分過ぎる意味はあるのです。

(ポリオの発症は、感染者200例中1例程度と言われています。また、ウイルス感染から麻痺発症までの潜伏期間は、3日から1ヶ月程度までと様々ですが、多くは4~10日程度とされています。 潜伏期が長いのでメモリーから抗体が上がってくる時間がかかっても脳にウイルスが到達するのを防げば問題ないのです。)

ttps://www.tokyotravelclinic.com/vaccine/polio-vaccine 

麻疹は終生免疫と言われていますが、流石のメモリー細胞でも寿命は神経細胞のように一生ものの長生きとは考えられてはいません。これまで終生免疫と思われていた免疫は実は発症しないまでも曝露を受けてブーストされるイベントが時々あるために、免疫が終生に渡って維持されていたカラクリが、麻疹が流行しなくなって「修飾麻疹(典型的では無い症状)」として発症することがわかり、明かとなったものです。

麻疹の場合は、免疫が落ちて来た時に感染したとしても血清型が1つしかなく、全く変異の気配が無いのでADEの心配はありません。

しかし、デングワクチンは市場に出てからリアルワールドでADEが問題になりました。厚労省のHPには

https://www.niid.go.jp/niid/ja/allarticles/surveillance/2437-iasr/related-articles/related-articles-466/8484-466r08.html

現在, 認可されたRSVワクチンはない。過去にホルマリン不活化ワクチンによる臨床試験が行われたが, 対照群よりワクチン接種群の方で症状が悪化し, 2名が死亡する結果となった2,3)

Chin J, et al., Am J Epidemiol 89: 449-463, 1969

Fulginiti VA, et al., Am J Epidemiol 89: 435-448, 1969

とあります。私が「不活化ワクチン(シノバック・シノファーム)」を屑だと言う理由の1つは、これです。

RSウイルスは「汎細気管支炎」を起こします。上気道炎のインフルエンザとは違って命の危険が高い。そして肺炎が主症状の重症のCOVID-19も、同じカテゴリーに属するものとして私は認知してます。

ファイザーの書類を見て下さい。

コミナティ筋注に係る医薬品リスク管理計画書 (令和3年5月提出)

医薬品リスク管理計画書(RMP)

SARS-CoV-1 ワクチン候補を評価するために開発された動物モデル(マウス,フェレットおよび 非ヒト霊長類)では,一部の研究で生ワクチン接種後のウイルス曝露時に疾患増強が認められた。 また一部の MARS ワクチン候補において,マウスモデルで疾患増強が認められた a) b)。

a) LambertPH,AmbrosinoDM,AndersenSR,etal.ConsensussummaryreportforCEPI/BCMarch12–13,2020meeting: Assessment of risk of disease enhancement with COVID-19 vaccines. Vaccine 2020; 38(31):4783-91.

b) Haynes BF, Corey L, Fernandes P, et al. Prospects for a safe COVID-19 vaccine. Sci Transl Med 2020;12(568):eabe0948

峰さんはデングの血清型ほどの違いはSARS-CoV-2の変異株の間の違いには無いから大丈夫だと強弁しますが、今、「重症化阻止」はされてるけど感染してしまったワクチン接種者が感染している株は、ワクチン逃避変異を多く含むものを選択しているのです。

ワクチン未接種の人の間でもby chanceに、あるいは発症後の治りかけの人の中では自身の免疫から逃れたものが、作られているかもしれません。インドでB.1.617.2(デルタ)の中にもデルタプラスとか、それ以外のminor variant、例えばN501Yを持つものとかが出来つつある混沌とした状態は、非常にまずいわけですが。

ワクチン接種者の中で感染が成立するブレークスルー株こそが、ワクチンによって作られている免疫という「選択圧」の下で選抜されたウイルスだということなんです。

11278. 完全に間違ってます。>知念先生

これは、実は由々しき問題です。

薬剤耐性菌のことを思って貰えば、すぐに、その怖さが理解できると思いますが、「医師免許をもつ小説家」先生も、この例えならいかがですか?

薬剤を使用しない世界では、薬剤耐性菌は生まれない。

薬剤を中途半端に使う世界では、バンバン多剤耐性菌が生まれていく。

これは医師として常識では無いでしょうか?

ワクチン信奉が過ぎるばかりにマスクは自己責任自己選択って選択を取ろうとするイギリス政府に専門家は抗議しているってことの意味が、知念先生にはわからないのでしょうか?