11265. 医者を代表して社会学者と

戦っているつもりらしいが、肝心の医者から評価されてない。

医者は必ずしも「医学博士」とは限らないし、それを必要としない「職人」に徹する人の方がむしろ多いわけで。

科学者としてありたい、あるべきって理想像が共通項だと思ってる方には、違和感があります。

むしろ、「マニュアルに沿って」「誰もが均質に医療を提供できる」「予備校的」な教え方を私大の医科大学は国試に通すために徹底するわけで、その手の教育を6年間受けてきた医者の方が数的には多いわけでね。

それでなんの問題もない。なぜなら、日本全国に「最低限のレベルをクリアした均質なサービス」を提供する体制を維持することが国家として支えるべき生命線で、先進医療は限られたところで、その手の切れる頭をもつ限られた人がやればいいこと。

医学と医療の違いってやつを、医学部にいればみんな自然にわかっている。ここって、技能研修専門学校or国試予備校だよねーって、みんな思って育ってるわけで。医療に大事なのはコメディカルとのチームワークだの言われて、「医者は水商売(客商売)」とも言う(輸液コントロールは術後管理など基本中の基本だしね)。

誰もが自然に受け入れている医学と医療の「違い」に気づかず、このHMさんだけが「科学」に拘る。医者の1%程度しか基礎医学者にはならないのに。

それじゃ、誰も寄って来ませんよ。

どれだけリアルで付き合いのあるtwitter上の知り合いがいるのか知りませんが。

そりゃ、「偽医者を演じる本物医者」とキャラ設定にせざるを得ないですわねー

切った貼ったの外科医は、まず自分の手が動くようになるのに必死だし。

みんな現場でドロドロになりながら、体力の限界を超えても正気を保つことが最低ラインってところからもがく最中に、真理? 何それ美味しいの?よ