11260. イベルメクチンは治験待ち

Reviewがどんな結果を出そうとも、日本では北里が治験を終わらせない限り、まな板にのることはない。

COVID-19患者に対するイベルメクチンの有効性および安全性を検討するプラセボ対照ランダム化二重盲検(評価者、患者)多施設共同並行群間比較試験(登録番号: jRCT2031200120)略称:COVID-19患者に対するイベルメクチン二重盲検比較試験

https://jrct.niph.go.jp/latest-detail/jRCT2031200120

多分、今の北里のでは「差が出なかった」んだろう。

で、差の出るかもしれない増量5日連続投与など、プロトコールを変更してやり直すんでしょうね。

新型コロナウイルス感染症患者を対象としたイベルメクチンの臨床試験【開発コード:K-237】を開始

開発コード:K-237

覚えておこう。まだ治験審査委員会を通ってないから、いつ結果が出るやら、わからない。

今度こそ治験の結果を見せてほしいものです。

使用量を増やして5日連続投与を日本の老人相手にやったら肝障害続出するからダメってPMDAが言いそう。

イベルメクチンの原薬は中国にあるんだってー

治験の方法や開始時期は、医薬品の審査を担う医薬品医療機器総合機構(PMDA)と協議して決める。現段階では、東京、大阪、名古屋などで陽性判明から3日以内程度の患者約1千人を対象に、薬か偽薬かを医師も患者も知らない「二重盲検」という方法で実施する予定だ。

どれだけの量を投与する?

少なくとも北里の量では効いてないことは確実ね