11252. 発熱を診ない眼科医さん

が、峰さん相手に、どこまで頑張れるか?

11239. 私しか警告してないからちょっと怖い

10942. 感染増強抗体(の一部)

mRNAワクチンよりも先に、不活化ワクチン(シノバック・シノファーム)とインド株(デルタ)の組み合わせでリアルワールドでADEが見られるかもしれませんねー(棒)

峰さんは99.9何%否定って言ってますが、さてさて見えてきた時に、どう言う反応をするか?

オリンピック後ぐらいには、わかってくるでしょー(謎)

11149. 6月9日の峰さんの動画は

In vitro and in vivo functions of SARS-CoV-2 infection-enhancing and neutralizing antibodies

A recent study demonstrated that suboptimal neutralizing Ab level is a significant predictor of severity for SARS-CoV-2 (Garcia-Beltran et al., 2020). Thus, even with the rarity of severe lung pathology associated with presence of anti-spike Ab in animal model studies reported here, it will be important to continue to monitor on-going COVID-19 vaccination for the possibility of vaccine associated enhanced disease  when suboptimal neutralizing Ab titers are induced (Haynes et al., 2020).

このように、今回報告された動物モデル研究において抗スパイクAbの存在に関連する重篤な肺病理が稀であるとしても、最適でない中和Ab力価が誘導された場合にワクチンに関連する重症化の可能性について、進行中のCOVID-19ワクチン接種を引き続き監視することが重要であろう。

Garcia-Beltran, W.F., Lam, E.C., Astudillo, M.G., Yang, D., Miller, T.E., Feldman, J., Hauser, B.M.,Caradonna, T.M., Clayton, K.L., Nitido, A.D., et al. (2020). COVID-19 neutralizing antibodies predict disease severity and survival. medRxiv.

Haynes, B.F., Corey, L., Fernandes, P ., Gilbert, P .B., Hotez, P .J., Rao, S., Santos, M.R., Schuitemaker, H.1Watson, M., and Arvin, A. (2020). Prospects for a safe COVID-19 vaccine. Sci Transl Med 12.

mRNAワクチンでもNTDの感染増強抗体は誘導されますから、中和抗体とどっちが先に落ちるか? その時に感染する変異型がどれだけ中和抗体からエスケープしてるか? によって個人個人の運命は各自で変わってきます。

私のお勧めは「ワクチンして終わりじゃない、ワクチンしてもマスクとSDなどの感染経路を遮断する意識は忘れずに」です。

11251. 南アフリカ株もデルタか

11250. 後日談

峰さんに私が突き付けた2つの後期に見える懸念のうちの1つ、ADEが崩れた場合、自己抗体についても「無い」と言い切れないだろうって話に、流れは変わります。

それまでイクラの皆さんは、ヒポポタマスで大衆を騙していればいいです。

私は覚えておきます。

胎盤が完成した後にワクチン接種した場合と、抗体が既にある状態で胎盤を作らなければならない場合とでは、話が違ってくる。

もちろん、不育症になる確率は相当に低いでしょうけどね。無いと言い切っていいのか?無い証拠はあるのか?