11055. ワクチン後の心筋炎について

こびナビのスペース文字起こしがあった

自然に感染して生じる心筋炎の原因が何なのかは、明かになってなかったと思う。もしもウイルスのSタンパク質あるいは抗S抗体によって生じる病態であるとすれば、ウイルスそのものを接種するわけでないmRNAワクチンであっても、同じ事象を再現してしまう可能性は十分に考えられる。

もちろん、自然に感染した場合の方が重症になるだろう。だからワクチンのメリットはあるのだろう。

だが、感染をこれまで免れてきたから今後も感染の可能性に怯えることはないんだと言い張る層(若い人)に対して、どこまで通用するか? 重症化する年代層へのワクチン接種が進めば、それだけ集団免疫に近くわけで。

イギリスは今は若い人の間で流行してて、そこへのワクチンニーズが目に見えては来てるけど、もともと100分の1の感染者しかいない日本で、ワクチンの必要性をどうやって訴えるか?

が、今後、対象年齢が下がっていく際には訴える内容を変える必要があろう。

とりあえず、有害事象はちゃんと拾われている。それはとても大事なこと。

「長期的に将来何が起きるか、自分には想像もつかない」と言い切る人たちは、お下がりください。

何年かすると、症例数が蓄積してきて、「一般的な発生頻度」よりも高いか低いかが、わかる。

HLAとの因果関係もわかる。