11052. しんどさを肩代わりするのが

専門家の仕事です。

ワクチン後に何か起きたかどうかは、報告されています。

普通に起きる確率よりも上がっているか否かが、察知されるのに多少のタイムラグがあります。

因果関係があるかどうか、その発生メカニズムにまで迫れるまでに、さらに多少のタイムラグがありますが、お医者さんたちは「過去の経験」から、大体、予想はつくはずです。

ワクチンセールスマンは「不都合なことを隠している」感じを醸し出してはいけないと私は思っています。

彼らこそが、誰よりも「詳しく」知ってるんだから、彼らが何も言わないんだから大丈夫なんだと思わせなければなりません。

私のような「得体の知れない悪魔」に、先回りされるようでは、プロとしていけないんです。

通報先生には「私たち」のしんどさを受け止めていただき、心から感謝です。

知識を持ったジャッジのいる中で、自由闊達な意見交換があることで、一定のガス抜きと「知識の共有」が可能になる、グループワークは精神衛生にとてもいいんだけどね。

丁寧な対応は忙しい臨床医には無理だろうけど、臨床から離れて広報支援が仕事のあの二人は仕事をサボってるんじゃねーよと、私は思います。