11030. PCRパフォーマンスで財布が空っぽ

何もこれ以上できない広島県の悲劇を繰り返してはならない。

肥え太るのは、PCR利権を貪った一部業者のみ。貯金10億で足らず更に10億借金するのは愚策の極み

財源として、借金返済のために蓄えた減債基金を10億8200万円崩す。財源調整的基金の残高は、減債基金だけの110億3700万円となる。自由度の高い貯金である財政調整基金は21年度当初予算の編成でゼロとなっており、厳しい財政運営が続いている。

ここで土砂災害があろうが地震があろうが、何があっても金はない。

休んでくれる店への補償に使う金もない。

PCR利権によってイナゴのように食われてしまった。