10954. 悪い回答例2

質問に対して答えが噛み合ってない悪い回答の仕方ですね。

免疫逃避株ってのは、ワクチン接種者が「軽く」感染して生まれてきます。普通に感染し、免疫を獲得して治りかけの人からでも、生まれて次の人に広まります。

それは普通のことです。(だから変異を生まないためにも感染を広げないようにしないといけない)

それを、ADEについての説明で答えるのは変。

笹山さんの切り取り方が悪いのかもしれませんが。

何度も説明してきてますがワクチンセールスマンは、「抗体ができたばかりの頃」にADEはありませんと答えてます。でも、それはADEの理解が間違っている。

ADEってのは、抗体の中でも中和活性のある奴が減ってきて、増強抗体の比率が高くなる頃(未来)に、免疫逃避株に感染した時に懸念されるものです。(全員がなるとは限りません)

10942. 感染増強抗体(の一部)

ワクチンしたのに感染するブレ〜クスルー感染、ADEによる増悪、どちらも「ワクチンしてもマスクを忘れずに」「黙食」「三密回避」などの感染予防策の継続によって防げます。

懸念は懸念として認めないと、正しく対策されない。

私はワクチンセールスマンたちの態度は、リスクコミュニケーションとして間違ってると思っています。

( ファウチたちはブースターの接種で解決しようとしてますが、私は頻回のmRNAワクチンが自己免疫疾患の引き金にならないか?懸念してます。彼らセ〜ルスマンは、決して、私のこの疑問には答えようとしません。話を逸らしてばかりです。)

10946. ワクチンを危ないと言ってくれる人を探してる

10937. 悪い回答例

10939. 良い回答例

10942. 感染増強抗体(の一部)

10945. ワクチン打ってもマスク忘れずに

私が彼ら「ワクチンセ〜ルスマン」のことで気に入らない点を、綺麗に説明してくれてます。

彼らは「内輪受け」を披露している、結託してるように見えるんですよ。コロナの研究をしてない免疫学者でもない赤子と、コロナの診療もしてない足を洗った救急医を神格化し過ぎている。彼らの尊大な物言いが、リスクコミュニケーションの妨げになっている。

彼ら二人の態度は「この人が言っているから怪しい、聞かないでおこう」になりかねないんです。