10913. 自意識の塊

私が何を考えてるか? 人に知られることは怖くない。むしろ、知って欲しいと言う欲求の権化のようなブログ。

自分の中に形にならないモヤモヤを、ピタっと形にしてくれる言葉が見つかるのが好き。それが自分で見つけたことでも、他人が見つけたことでも。

私が知られたくないのは、「姿」です。特に「ファッション」ですね。

身なりを自分で整えることが出来ない。だから3パターンぐらいの手入れの必要ない服を着回して毎日同じ格好でいます。それが許される職場だし。

普段から靴を磨くとかアイロンかけるとか、サボりにサボっているので、きちんとした身なりで出かけることが出来ないのです。(お風呂は毎日入ってますよ、でも化粧は・・・・道具はあるけどって世界)

まだ、結婚式ならいいんですよ、貸衣装で着物を着付けて貰って髪を結って貰えば、馬子にも衣装で化けることができる。

困るのは葬式。喪服カビてるかもしれない。靴=足が痛い、バッグ?多分埃をかぶってる。

数珠だけは確実に持ってる自信あるけど・・・親が死ぬことが何より怖い理由が、親に会えなくなる怖さよりも葬式で身なりを指摘されることを気にする自分がとても嫌。

https://note.com/jpn14/n/nc71da6989f68

https://note.com/jpn14/n/n83d975f7a1f3

そして、私はご多分にもれず「片付けられない女」

汚屋敷とは違います、生ゴミは捨ててるから、臭くはないです。

でも、モノが捨てられない、モノをどけて掃除をしないので、片付いてません。そこ、見られなくないんですよね。

家に客は絶対に呼べません。

穴のあいたストッキングぐらい、平気で履いてる(気づいてない)

こんな文章を書いてる暇があったら、いくらでも片付けられるだろうって、言われても。なんですよね・・・

10912. ポランニーと言われても

10911. 今日の驚愕その1

10910. 今日の驚愕その3

10909. 今日の驚愕その2

10908. ブログの更新

このところ、他人様の痛いところを突くことばかり書いたので、多少は自分の「アキレス腱」を披露しておきます。

(あ、でも、結婚式以来30年ぶりに顔を褒められました。その驚愕がその4です。)