10875. (余命+三宅)x宮沢

の答えが、どけどーぶつ裁判だったとは想像もしてなかった。

余命事件がきっかけで作った、アンチ余命ブログ

私のツイッターアカウントの初期の頃のフォローは、ひたすら弁護士だった。余命サイドに狙われる私の身を案じて、親身になって下さった弁護士先生とは今でも連絡は可能。

余命事件を取り上げたNHKの記者との繋がり

傍聴人(イチケイのカラスで漫画をスケッチブックに描いてる人たちのこと)たちとの繋がり

私は法学部の出身ではないけども、法廷には馴染みが出来てしまった。

民事裁判は「公開」される。

東京なら行ける人はいるかもしれない。

マスコミの興味、引くかしら? 三宅被害者の会の人は、バリバリ左翼=菅野完さんはお友達。

私は個人的にはsekkai先生が何を根拠に裁判を起こしたのか、知りたいです。匿名でも名誉毀損が成り立つなら、私でも出来るからね。

あ、裁判所というか弁護士は、住民票の住所に居住してると確認する作業ぐらいしてるよ。

言っておくよ、弁護士舐めると痛い目に会うから。

本人訴訟裁判は、傍聴人には不評だけど、左翼陣営の有名人となると話は別。

弁護士を雇われることをお勧めします。

5月の中旬、すぎました。