10822. 闇落ち2

9743. 闇落ち

宮沢さんは「闇落ち」したのだろうか?それとも、あれが元からだったのだろうか?

答えは後者のように私は思う。

彼は「一時的に」日が当たって、舞い上がったんだけど、元からの気質が気質だっただけに「教授になれない」ことは決まっていた。別にコロナがあってもなくても。

問題は、彼の「自己愛」に周りの、それも全く関係のない人の命までが巻き込まれたことだ。

理系先生やいつもの先生は自分で後始末をつけられる立場にある。増えてきた感染者をICUで面倒を見る。

大木教授も、多分。

でも、宮沢さんは人間の医者ではない、自分で責任をとることができない。

その「分」を弁えることは、彼には死んでもできないんだろうと思う。

とすると、最初から「落ちて」いたんだと思う。

あの〜

今どきの若手が「リン酸カルシウム法」なんてやったことないと思うよ。

もう何年も前に廃れた技術。

いくらリポフェクション法が高いと言っても、PEIを自作すれば安く出来る。リンカルの効率の悪さを考えると、どう考えてもPEIの方が安い。