10764. 陰謀論ビジネス研究家

としては、私は一家言ありますぜ。

このブログの名前は「余命三年時々日記考」

ネトウヨ弁護士大量不当懲戒請求事件の震源地であった「余命三年時事日記ブログ」に対抗するために作ったブログです。

青林堂出版社は余命本を20万部売ったと言われていますが、壊滅して今では700人ほどの「被告」の集団になった。2018年にNHKがクローズアップ現代で取り上げたネットカルト事件でした。

カルト潰しで使った私の手法は、相手の言ってることの「矛盾」を可視化することです。

警察の尋問も同じです。言ってることがズレたとき、そこに嘘があると見抜くことが出来る。

詐欺師は上手に「上書き」するんですよね。そこを気づかない人が情報弱者でカモになりますから、気づいた時には「今、ズレましたよ」と言う。やってることは、ひたすらそれだけです。

ツイッターアカウントのプロフに書いてあります。

余命三年時事日記ブログの矛盾を検証するブログを書いていたら、「外患誘致罪」で告発(←地検では不受理ですが)されました。嘘のような本当の話を綴っています。

5チャンネルにヲチスレを建てられたのは、余命事件でアンチ悪魔がいるためです。

余命事件を弁護士さんたちに預けてからの私は「新型コロナ」についてのインフォデミックス退治に集中してました。とりあえずは「専門家」を名乗る宮沢先生と「コロナは普通の風邪派」の代表として永江一石氏を監視してきました。

・・・今ではもう宮沢さんにも興味を失ってますが。永江の穴シリーズも、たまにしか書いてないですけど。

私はいわゆる医クラとの交流はありません。Takaさんが好きなベイズなんて言ったこともないし、峰さんからは空気感染の件でブロックを喰らってます。

所属機関を名乗るわけにはいかないので、匿名です。

個人の見解ですって言うくらいなら、所属なんて最初から名乗るなよって思っています。

じゅんちゃんは、youtuberとして宮沢さんを動画で取り上げるようになりましたが、他の誰かが叩いているから、こいつは叩いても大丈夫だ〜って思って叩いてませんか?

今後、陰謀論ビジネス研究家 を名乗るのならば、「芽」のうちに見つけられるように、自分自身の目を開くようにしましょう。誰か他のおじさんと同じことを言ってれば安全、安心と思ってないで。

確かに数は力です。ムーブメントを強くするには誰かとつるむことも必要なときはあります。アクセス数は「カネ」そのものでしょう。政治に絡むのならば票は買ってでも欲しいでしょう。

でも、最後はたった一人であっても、自分を貫くことが出来るか? その強さが言論人には求められます。

哲学系youtuberにとって、youtubeの位置づけは金儲けの手段ですか? それとも自己実現ですか?

私のブログにはアフィリエイトはつけてありません。アクセスランキングにも参加してませんし、有料メルマガの配信もしません、youtubeで投げ銭を求めることもしません。

私利私欲のためではないと示すためです。

誰かの悪口を言うならば、同じだけの勢いで自分も言われる可能性に耐えなければなりません。

敵の方が優秀なこともあるので、私は誰のこともブロックしたことはありません。

陰謀ビジネス評論家として、じゅんちゃんが成長できるかどうか。(実はそんなに興味はないのですけど。)

私がなぜ「牧田氏」ではなく「じゅんちゃん」を相手にしてたか、意図を記しておきました。

それから、誰かの悪口を言うときは、ピンポイントに言動を摘示し名指しで誤爆を防ぐのが私なりの礼儀です。

10646. 宮川先生から返信いただきました

10570+. 宮川絢子先生にフォローいただきました

たとえ政治的スタンスは異なっていても、科学者同士の議論は、かくありたいと思う手本を宮川先生が示してくださいました。

たとえ政治的なスタンスなどが違っていても、ファクトの前では対等に議論が出来るのが科学だと私は思っています。

どこにも科学的妥当性のない発言の典型のような美味しいコメントを、ありがとうございました。陰謀論ビジネス研究家にとって良い教材となりましょう。