10644. 大阪的なるもの

234tvwさんの視点はいつも面白いです。

そして、とても博学

絵にならないってよりは、疫病で人が死ぬのは昔は当たり前だったのではないかと。例えば私は祖母は3姉妹だったけど姉二人と母を相次いで若いうちに病気で亡くしている。

震災はそんなに頻繁にはないけど、乳幼児死亡率は高く、だからこそ子沢山なのは世界共通だったのではないかな。

流石にペストほどのものだと「文学」として残されるけど、毎年一定数が冬に風邪をこじらせて死ぬ世界では、その多寡は記憶されるほどのものでもなく。

(他に、文学が残ったのは結核かな。)

今は「死は病院」で普通の人には見えないものになってるけど、こんな感じで発信される感想の拡散力は以前よりも強いのではないかしら?

私はいつも吉村知事がイケメン扱いされるのに違和感を覚えていました。あの目はサイコパス味が強いのに、なんで、みんな気づかないの?って。

多分、ノリが違うんでしょうと、この話で納得しました。スペイン風邪の時でも大阪だけは一人負けだったのならば、不思議はない、今も昔も何も変わってないのだから。

おそらく享楽的なラテン系のノリで、ブラジルと同じ国民性(あえて大阪民国と呼ぼう)なんだと思います。

たとえ死んだとしても「だんじり」できたらそれで本望?みたいな。(よく知りませんけど、イメージとして)

それで感染が広がったら他に迷惑がかかるって想像力が欠如してると言うか。自分の身にふりかかることがなければ、XXしたらえーやん知らんけど、って「本当に知らない」んですよね。それを良しとしてしまう不思議な国、それが大阪。

医療提供体制なんて、5類に落とせばスグに解消するって信じちゃう。疑ったり調べたりしない。

もうピークアウトしてるから後は何もしなくても自然に下がる、必ず下がるって言われたら、素直にコロっと信じちゃう。信じたいから。

何を守りたいって、日々の自分たちの楽しみなわけで。

それが、身近で誰かが死んだって「クチコミ」で広まるレベルになると急に夢から覚めてシュンとなって、これまで政府は何しとったんや!ってなる。

https://twitter.com/kaibashira_umai/status/1386525687490564097

コロナ用のベッドを普通に戻したのも維新です「一度戻したら、もうコロナには戻せませんけどいいですか?」って聞かれても戻せって言ったのが維新です。

重症者センターから看護師さん追い返したのも維新です。

https://twitter.com/kaibashira_umai/status/1386526544919625728

政府が悪いって言えません、だって、東京は抑えてますから。

変異型がいるのを隠して、イソジンが「前倒し解除」を要求したことぐらいは、忘れっぽい鳥頭でも覚えてるでしょう。

ここにガッツリ食い込んでるのが宮沢さんなわけですけど。(彼らの望む答えをくれるって意味で、関西のテレビでは需要と供給がぴったりマッチするけど、東京キー局では需要がないのもわかる気がする。)

自分の夫、自分の親が死んだ時、果たして宮沢さんに対する感情はどうなると思います? 単純だから怖いですよ。

“最悪の事態を引き起こすのは、決まってポジティブな奴である”

私は”ネガティブ” だからセーフ! 戦犯にはならずに済む(はず)

土地柄なんだろうなと想像はできます。

そんな内なる異国を抱えつつも、普通の日本は頑張ってます。

日本の普通が頑張ってます。

めいろまさんのツイートを見てると、子供たちすら日本人は異人種なのだと。