10579. 知人からメールが来ました

自分は癌で治療中である、ワクチンはどうしよう?と。

即「打って」と返信しました。

闘病中で抗がん剤の影響もあり免疫が下がっているそうです。ワクチンの効果はどこまであるかは、わかりませんけど、自然感染して良い人ではないからです。

abc先生なら、どうお答えになるでしょうか?

2つ目。

別の知人からも聞かれました。「ワクチン、迷ってる」と。

その方はおそらく40代、グループ4です。

「今はまだ私たちの順番きませんよねー、だから迷ってていいと思いますよー、もしも何かあったらイスラエルやイギリス・アメリカの方で騒ぎになると思うんで、それがあるか無いか、見極めてから決める時間はたっぷりありますからねー」

と答えました。

65歳以上のシニアとは異なり、私たち一般人にファイザーが回ってくるかどうかは未確定ですからね。

ワクチン来ないじゃ無いか!政府は何してたんだ!ってプンプン怒られ電凸られるよりも迷ってくれてる方が、穏やかでいいと思うんですよね。

でも、まずは「お気持ちの受容から」は間違った対応だったかな・・・反ワクチンに受け止められてたらどうしよう・・・

検査は治療でも予防でもありません。特に「無症状無差別大量」は、労力(コスト)に見合わない。

でも、ワクチンは明確な予防効果があります。例え感染が100%防げなくても重症化しないだけでも医療負担が減る。

ワクチン打ってもハメを外さない。ここが実はポイントなんですよね、くどいようですけど。イギリス&イスラエルがどう曲がり角をうまく曲がれるか、それとも「早すぎたんだ、腐ってやがる」になるか。

きっとこのツイートも、大臣が見てて全国に広がってくれることを願います。

女性だけでなく男性も意外に痛みに弱い人はいるので、やせ我慢しないで欲しいです。