10515. 臨床検査に研究の概念を持ち込むな

だから大学でPCR検査をさせない方がいいのです。大学だと試薬の使用期限切れたものとか平気で使うでしょう?

(年度の初めはお金ないからね、わかるよ)

元々のシステム的にも、コンタミしやすい設計の実験室になってないかも心配になるわけで。

川上先生のところは行政検査ではないのよね? 行政検査でそれやっちゃ駄目よ。手順書通りにやらないと。

この人にそんなこと要求しても無理だと思う。だって、相手は金魚だもん。

だんだんと試薬を節約して、いつの間にか感度が担保されなくなる。

勝手なアレンジを許すと、どこかで超えてはならない一線を超えてしまっても気づかない組織ができるから、臨床検査技師は、そう言うことをしないように教育する。それが常識。

臨床検査技師は研究者とは全く違う概念で仕事をしなければならない人種だとわかってないところが怖すぎる。

そして、そんなこともわからない素人が「すごい」「えらい」「救世主」と持ち上げ、本人は得意になる。

研究用試薬で診断してるつもりになる野良検査が増えてるのも、そう言う科学リテラシーの無さなんだよなぁ・・・

「規制緩和」が実は質を担保しないってこと、そろそろ学んで欲しいが・・・。

試薬をケチって、runを少なくするためにmixするプールの検体数を4から10に上げてコストダウンする。

行政検査となると「事務作業」も半端なくなるし。

いつの間にか陰性しか出ないようになってても、「陰性証明」が欲しいだけだろ!って開き直り、とうとう、最後は「検査もしないのに全員陰性の返信を返す」ようになる。(検体の個体識別が出来てない)

SRLってのは、臨床検査受託会社の大手会社のことです。

10395. これが本当のお気持ちPCR