10509. 100%正しい人も100%間違ってる人も

どちらもいない。だから私は是々非々でありたい。

元々、そんなに人間に興味がないアスペだってこともあって、事柄の方がわかりやすいし。

「先生」と呼ばれる人種は、往々にして間違いを認めたがらない。認めたら沽券に関わると思いがち。

だから私は匿名の怪しいおばさんで発信することにしています。「反対意見」を受けやすいので、御山の大将にならずに済む。

実名でないから「俺が最初に言い出したことだ〜」って手柄にこだわることもなくなるしね。

ソウユウモノニワタシハナリタイ

コロラド氏がやっとN501Yが全てを駆逐する勢いがあることに気づいたようだ。感染研は最初からそのことを知ってて、N501Y(イギリス型)の検出に全力を振り分け、E484KのみのR.1系統の洗い出しの労力(試薬=税金)を節約した。

E484Kをもつリバプール株の存在に、次は気づいてくれるかな。

10504. イギリス株のその先

R.1系統は既に風前の灯だ。

消えた時に#どけどーぶつと本人に直接いうことは控えておこうと自らを戒める。

10473. 私はこの分野は素人なのですが3

10461. 私はこの分野は素人なのですが2

10444. トレーサーとしてのE484K単独変異株

10441. E484KのみでN501Yを持たないR.1は

10439. 私はこの分野は素人なのですが

感染研に一括して配分される研究費は、検体を「集めてくる」ために地方へ配分される(この仕組みを班と呼ぶ)。検体採取から解析、輸送、全てにコストはかかるのだから。