10490. 脇田先生のh-index67を知らぬ愚か者

何が感染症ムラだよ。

脇田先生の名前を知らぬHCV研究者は世界で一人もいない。製薬企業も含めて。彼の偉業がなければHCVの薬は開発できなかった。

脇田先生は普通では細胞では培養できないと言われていたC型肝炎ウイルスを、培養できるシステムを探し当て、問い合わせがあれば無償で世界中の研究者に配ってあげた。問い合わせのあった件数は400以上(私が話を聞いた時から、きっともっと増えたのだろうと思うので、正確な数は知らん)

インターフェロン療法でも治らなかったHCVが、今では薬で治る時代。将来の肝臓がんの患者数も減ることが予想されている。

ちなみにKami Masahiroのh-indexはScopusでは37でした。

N501YによりE484Kが駆逐される未来が予想できた感染研はN501Yに集中して、英国型とそれ以外(南アフリカとブラジル型の洗い出し)に力を注ぐことにしたが、E484K単独R.1株を騒ぎ立ててる一派がいることを、みんな覚えておこう。そして、R.1株が駆逐された時にこそ、思い出そう。