10475. イスラエルのリバウンドの可能性

順調に減っていたイスラエルがワクチンの代金を出し渋るようになったのは、政治的な理由があるのかも。

元々、あの国はアメリカが作ったようなものだから、アメリカ企業であるファイザーとの相性は良かった。

ワクチンを捕虜交換の餌にしてたりもする。

ユダヤ系でない人たちへの供給の直前になって、なんじゃかんじゃと理由をつけてワクチン接種を止めて、あっち側を根絶やしにしようと考えてるのか?

マイノリティ(ユダヤ人の中でも宗教的に拒む人も含め)がワクチンを接種しないでいると、そこで流行が再燃し、免疫逃避株が出来る。ワクチンパスポートの期限が切れる6ヶ月後に、逃避変異株の襲来を受けることになる。

長期で見た時の(私に言わせれば本来の)ADEを検証するに十分な舞台が整ったことになる。

これもまた、リバウンドを呼ぶ可能性の1つ。

大阪が爆発して、火の粉は東京に飛び火してるのに、イスラエルのことなんて見てる余裕はないのかもしれないけど。

大阪のことは、にゃんことイソジンが心から反省しない限り、無理。

東京のことは、オリンピックの件が片付かない限り、無理。

みんなは「自衛」するにゃ・・・