10419. 奇妙な感覚4

私が腑抜けている理由の1つは、やはりワクチンに思う。

私の仕事は「悪魔の提唱」なので、ワクチン凄い=俺スゲ〜ってなる人たちとは異なり、どこまでもワクチンに対して厳しい目でツッコミを入れるのが役目だ。

10293. 手を洗う人にも聞いてみた

10290. ワクチン氏から返信はあるや否や?

でも、この2つの点以外は「普通に考えつく問題点」として、ワクチン推進派が必死になって考えてくれている。その点、誰からの応援も無く孤立無援の状態で「反ワクチンママ」と戦う小児科医の孤独に比べたら、この新型コロナワクチンについては、よほど状況はいいのです。

副反応に対する対応を間違えると、怖がって打ってくれなくなる。熱が出ることを予めきっちり伝えておかないと、感染と間違う人が出る。などなどを、医療従事者から始めることで、ある程度、回避できたように思う。

特に、アナフィラキシーと思われるモノは、疑い例から迷走神経反射から何から何までまずはカウントし、基準を世界標準ブライトン分類に合わせたら、そんなに多くはないと明かにしたところは見事だったと思う。

迷走神経反射については寝た状態で打ってくださいってマニュアルも出来ていくと思うし。

くも膜下出血で騒ぎになるかと警戒したけど、それもすぐに正しい情報で鎮火した。

公的な発表は「隠蔽工作されてるから信用しない」って層のことは、この際、見捨ててもいい。なぜなら、接種は義務ではないので、打ちたくなければ打たなくても結構って、とりあえず、数が足らない間は言っていいので。

マスコミ対応も、知念砲がかなり効いたと思うし。

10322. 知念先生、頑張れ

10073. 知念無双@光文社

私も当初からアストラゼネカの2回打ちには、疑問しかなかった。

10188. J&Jは1回打ち2

これは単なる推測なのだが、ウイルスベクターは純粋なる工場生産では無く細胞を扱う「なまもの」タイプなので、ロット差があったのかもしれないと思う。アストラゼネカはどうも品質管理が悪い感じがする。(治験のプロトコール通りにやらないミスとか)

あれやこれやでアストラゼネカのワクチンにはまだまだ懐疑的な私。たとえ工場が国内にあるのだとしても、そんなことで私の「目」は狂いはしない。

ここまでトコトン悪魔的にワクチンに対して「疑いの目」で見ている「悪魔の提唱」ですら、ファイザーのワクチンが回るようになると医療崩壊を防ぐ効果があるだろうって思って、ほっとして腑抜けてるんですよ。

これはとても凄いことだと思いません?

ADEについての懸念も、少なくとも半年先までは大丈夫に伸びたわけで。

10294. 結合抗体と中和抗体の総和でADEは決まる

10398. ワクチン については、ゆっくり話したいんだ

全てはイスラエルが教えてくれる。ファイザー は速報で情報を世界に開示してくれている。

10393. イスラエルがファイザーに提供したもの

この仕組みは凄いありがたい話。ここまで世界が1つになったことがあっただろうか?と感動する。

もしも、新型コロナがアジアの国だけのSARS、あるいはアフリカだけを狙い打ちするエボラようなものだったら、ここまで大企業が必死になってワクチンを作り、アメリカが大金を投じて治験を体を張って行って、世界に安価で譲ってくれるようなことにはならなかったと思うと。

日本の国内メーカーでmRNAワクチンの技術提携で掴んでおく必要はあると思う。

河岡研は3つの会社と同時に共同研究をしてるそうです。mRNAとウイルスベクターと、不活化だったかコンポーネントだったか忘れたけど。

どれも、先行するmRNAに、これまで未知だった不具合が生じた場合や、変異株に対応するために何度も打つ必要が出た場合などに、必要なので、後発になってしまうとしても「国防」を考えて国産ワクチンは確保しておく必要がある。

なんでもかんでも無駄無駄無駄って潰した結果、保健所が1カ所しか存在しなくなった大阪市の惨状を見て学んで欲しいです。

このままだと日本の基礎研究が潰れるって話とも連動してるけど、もうウイルスやら感染症やらに研究費は回ってこないだろうから。(抗生剤あるからいいだろうって細菌学が潰れたように、ウイルス学も、PCRとmRNAワクチンさえ作ればいいだろ?って感じになる気がする。)

あ、なんだか感動秘話のお跡がよろしくない・・・・