10383. 霜柱様

忽那先生にここまで言えるって凄い。あなた様は一体、何ものなのでしょう・・・・

ワクチン接種者の記録を集めるのは、「誠実に悪いことが起きないか追跡している」証なのだが、なぜか、それが「悪いこと」のように捉えられてしまう。困ったことだ。

用法用量を守っても、効果があるとは示されてないと思うんだけどな・・・イベルメクチン

エビデンスのピラミッドってのは、忽那先生のところにあったやつね。一番上がシステマティック・レビューで、その下にくるのが二重盲検法で。

やはり反ワクチンが本音なのが隠せない。

虫螻がどのように見て騒ごうとも天上人に実害はないのでな・・・いつもながら達観しておられる。

メルクの了解を得るよりも前に、「治験で良いデータが得られたら」の前提が重要です。

COVID-19患者に対するイベルメクチンの有効性および安全性を検討するプラセボ対照ランダム化二重盲検(評価者、患者)多施設共同並行群間比較試験(登録番号: jRCT2031200120)略称:COVID-19患者に対するイベルメクチン二重盲検比較試験

https://jrct.niph.go.jp/latest-detail/jRCT2031200120

ほほぅ、神田先生がPOで入ってるのか・・・

その可能性はありますね。誰もがそんな「銀の弾丸」を求めています。イベルメクチン がそうであれば、治験で効果が見えるはず。

とにかく、240人の第II相の結果を見せて。話はそれから。

この件ではAMEDは何もしないわけにはいかないでしょう。とうとう官僚もCOI違反に気付いてしまいました。当然PMDAも知ってるでしょう。北里大学の信頼墜落中

現時点から1歩を進めるための4億円。

無駄にしないで欲しいですね、完結させなければ結果は開示されない。だとしたら、終わらせるのが先。参加してくれた患者様の善意、参加した医師たちの労力に報いて欲しい。