10381. コメント(2021/3/18)

(コメントいただきました)

宮沢のことを言ってるのをどうのこうの言ってたけど、あの人はもっとやってましたよね。 それこそエビデンス全く無しに感情的に。 見ず知らずの初めての人にもがんがんリプしに行って、いや私は悪口が言いたいんじゃないのでって拒否られてた場面も見たことあります。

(以上、ありがとうございました)

古い話ははっきりとは記憶してないのですが、海の向こうのM先生については今でも相当なことを言っておられるのは見ました。

うつ病をカムアウトしてる峰さんに言うことかしら?

これが大学職員って、どこの大学?

換気やマスクのことと薬のことが「同列・同格」になってしまうのを、私は危惧しています。

薬は毒にもなりうる異物であって、換気のような自然なことではないので「生兵法は怪我のもと」なのです。

例えば副作用がないと喧伝されているイベルメクチンの添付書類には以下のようにある。

ストロメクトール錠3mgに関する資料

高齢者への投与

高齢者に対する安全性は確立していない。一 般に高齢者では肝、腎、心機能が低下してお り、また、合併症を有し、もしくは他の薬剤 を併用している場合が多いので、注意して投 与すること。

10371. Evidence Based Medicine

ダブルM先生という、東大卒or京大卒、獣医師免許or薬剤師と医師のダブルライセンスの権威を木っ端微塵にしてしまったために、Evidence Based Medicineよりも俺たちの知ってる神様からの贈り物の方が!!!って気持ちになったと考えると・・・・(悲しくて哀しくて言葉に出来ない)

10373. Evidence Based Medicine2

代謝経路における人種差は遺伝的多型によって決まっていることが多い(例えば、新型コロナで血栓症になる確率はアフリカ系の人ではアジア系の人よりも高いことは知られている)ために、他国では稀な副作用の頻度が日本人では上がって来る可能性を否定しておく必要がある。

また、イベルメクチン使用の実績のあるアフリカの人口ピラミッドは日本とは大きく異なり若年層に偏っている。日本は薬物代謝能力の落ちた老人に偏っている。これもまた、日本では有害事象が増える可能性を考慮する大きな要因である。

そんな「総合的・俯瞰的」な見方が出来ない人が安易に「イベルメクチンでは大したことは起きない」と断言しても「お気持ち」を代弁してくれたのだから正しい、専門知を振りかざして否定するのは『レイシズム?』とされる風潮がある事が問題だと私は思います。

ハッ!まさか!Supernovaさんの言う私のレイシスト発言って、人種差=遺伝的多型のことか????

遺伝学の世界では人種差って普通に使うんだけどなぁ。白人系アメリカ人、ヒスパニック系アメリカ人、アジア系アメリカ人、アフリカ系アメリカ人の4群比較とか。うげげ、ポリコレ棒を科学の世界に持ち込まないでいただきたいです・・・・差がある事実があるだけで、そこに優劣の概念は無いのですから。

アレルギー反応はHLAで決まってることが多いのですが、それにも分布の人種差があります。特に日本人は極東に固まって海で隔絶されてたので、やはり独特のHLAのパターンがありますから。

あ〜めんどくせぇ〜 もしかしてSNPの説明から必要ですか? 

7421. VKORC1 のpromoter SNP  ブログ読んでりゃわかるでしょーにわかファンさんよ〜

7482. SLC6A20 (rs11385942)

7475. HLAよりBCG2

7255. HLA仮説の終焉は近い

7241. HLAよりBCG

7071. HLA:B*35

7070. HLAで虚仮威し