10365. 「学歴も肩書も資格の一つもない何も武器を持たない人間」

が、なぜかイベルメクチンについては医師よりも詳しく正しいという絶対の自信のもとに、「たとえ効かなくても大した毒にはなりません。」と断言できる不思議について探るべく、探検隊は奥地へと向かうのであった。

なぜ、そこにプライドが出てくるのか? よくわかりません。

薬物について、正しい情報をと言ってるだけですが?

「言い方が悪い」「プライド傷つけられた」だから認めない。何を言っても意固地になるだけ。「学歴も肩書も資格の一つもない何も武器を持たない人間だから」こそ、医師が推奨しないイベルメクチンに執着するのでしょう。俺たちの秘宝だから。これが探検隊の結論です。

Even the levels of ivermectin for approved uses can interact with other medications, like blood-thinners. You can also overdose on ivermectin, which can cause nausea, vomiting, diarrhea, hypotension (low blood pressure), allergic reactions (itching and hives), dizziness, ataxia (problems with balance), seizures, coma and even death. 

承認された用途のレベルのイベルメクチンであっても、血液凝固剤などの他の薬と相互作用する可能性があります。また、イベルメクチンを過剰摂取すると、吐き気、嘔吐、下痢、低血圧(血圧低下)、アレルギー反応(かゆみやじんましん)、めまい、運動失調(バランスの問題)、痙攣、昏睡、さらには死に至ることもあります。

『コロナ禍で真の知性とまがい物の見分けがつきやすくなりました。ほんと新型コロナは人間性を容赦なく暴いてくれますね』

(注釈:タイトルの言葉はツイートからの引用。上記の言葉は本人のプロフからの引用です。)

私は「早く承認しろ」って言ってる人に対しては、淡々と、「治験の番号」をお知らせするbotと化している。イベルメクチンで検索して絨毯爆撃を繰り返している。

並行輸入品による薬害、過剰摂取による肝障害など、ろくなことにならないと思うから。

駆虫薬としての容量は1回だけです。しかし、COVID-19においては、5日間連続や、体重当たり相当な量を使ってる例など、海外の論文の聞き齧りで使う人が出ると、これまでに見られない副作用が出る危険があるからです。

薬を手元に貯めておいて、って発想をする人が、薬について発言して欲しくないです。

これが専門家の素人への個人攻撃だと言うこと自体が謎でしかありません。

間違いを指摘されると攻撃されたと解釈する人は、絶対に反省しないで同じことを繰り返す。おそらく、私の存在が歯止めになるどころか、真のモンスターを産んだだけかもしれないけど。

いい言い方ですね、臨床医はさすがです。私には出来ない芸当だった。

ただの学歴と、「国家資格」の区別ぐらいはつけて欲しいものです。

誰が貧しいとも言ってない。検索すればわかること。「種類」をあげた? 印象操作そのものでしょう。

明かに狙ってやってますよね。姑息です。