10361. 私は花木さんにブロックされたので

これは別人の話ですね。

治験を黙って見守るどころか、エントリーリクルートの手助けもせずに「承認しない厚生省の闇が〜」と妙な動きをした人がいませんでしたか? あの方は医師ではなかったか・・・

10289. 言いがかりをつけて来た方が

10285. Ponpokofamilyさん自爆

10278. ブロックチャレンジ?

10261. 花木氏は有効血中濃度をご存知か?

10249. ガチプロのお出ましだ

10202. ブロックされても議論は止まりません

10193. 花木氏がやるべきこと

10192. 花木秀明氏は何かを隠してるかもしれません

医師と言うからには、↓こちら↓のお二人のことでしょうねー(棒)ー

彼らが次に何を言うかは、想像がつく。FDAはワクチン会社(なぜか南米アフリカへの駆虫薬としてのイベルメクチンの配布元のメルクを含む)に買収されていると言うに決まっている。

『心が喜ばない』言葉は基本的に受入れられないのだ。知性だか理性だか教養だかなんだか知らないけど、望まぬ事実を受け入れるためには訓練が必要なのだと痛感するこの1週間だった。

それとも、こちらの方のことかな?

激オコになっても当たり前だよ。政治で科学を歪められ、クロロキンでは死者も出た。

素人が医師に喧嘩を売るのはどんな態度でも正義で、相手が本気にキレると「素人相手にマウントして楽しいですか」と来るんだから・・・無敵です。

この人の言葉は寄り添い型だけど、それでも駄目だろう「だって、今すぐ、欲しいんだ」って言うから。

そして、医師の側が必死になって止めようとすればするほど、イベルメクチンは「奇跡の薬」として重用されるようになる。なぜなら、医師が使って欲しく無いと思っていることが「俺たちの正しさ」のように感じる一群の人たちにとってのインセンティブになるの、「感情的な反発」に身を委ねることに何の疑問も感じないどころか、それが「正義」に置き換わってしまう、なぜなら「俺たちの感情を逆撫でするなんて許せない」が彼らにとっての全てで。それが昂じると専門家よりも俺たちの方がよく知ってるという絶対の自信を持てる不思議な人たち。

物事を複雑にしてるのは、治験もまともに終わらせられないうちから「承認しろしろ」と、ノーベル賞学者を猿回しの猿のように連れ歩く先生だと思う。