10319. 英国株の脅威の一部は

ADEによる可能性はないだろうか?

本人に自覚症状がないまま抗体を持つに至った人たちの抗体が下がった頃に、中和から逃避出来る変異型に感染する人の割合は、日本では皆無に等しいけど、あちらの国ではそこそこの確率であるだろう。

マナウスでも二度目の流行での致死率が上がっている。

過剰免疫=サイトカインストームも、活性化した抗体がFcレセプターを介してマクロファージに刺激を入れることにより生じやすくはなってないだろうか?

ワクチン接種後にマスクの無い生活してを夢見すぎる欧米はまだ楽観できないと思う。日本はマスクで守られている。会話の場面でのマスク、つまりは「会食」の回避=「黙食」あるいは「孤食」の薦めが、変異株の存在によって、一層大事になると言うことです。