10324. mRNAワクチンに賭けた女性研究者の物語

一人の人間の熱意で成し遂げられたmRNAワクチンとの文脈で伝われば、「お気持ち」優先主義者たちにも少しは響くのだろうか?

おそらく、そんなことはないだろう。なぜなら、ワクチンを多くの医者が熱望すること自体が、アンチを産むから。

10321. 分かり合えない人種

イベルメクチンは医者が処方したがらないことで「秘薬」「魔法の薬」としての付加価値がついてしまっている。

もはや、科学でもなんでもない。「魔術」「まじない」の世界になってしまっている。宗教でない科学だと言うのならば、とっとと二重盲検法の治験を日本で終わらせて欲しい。

10304. イベルメクチン をもて囃す人たちは