10236. 無敵の人は物事を単純化し過ぎる

本当は物事はとても複雑なのだ。時と場合によるとしか言いようがなく、その時と場合は「個別」に多岐にわたる。だから「引き出し」を多くするために専門の資格試験があり、常に知識をアップデートするために学会に通い、論文を読み、「切磋琢磨」するために勉強会に通う努力を生涯、一開業医であっても続けて行く。

それを全部凌駕する知識と発想が自分にはあると「無敵の御素人様」が思うのは思想信条の自由で、その自由を満喫できるのも門外漢の幸せな点だろう。責任を伴わない発言は気楽でいい。

だが、それに「医師」を名乗る人が乗せられてはいけないのだ。ましてや煽っていいのか?

花木先生は「医師」ではない。だからいい?ってもんでもないのは、彼は北里のプロジェクトの代表のような顔をしてるからです。

COVID-19の場合、免疫がプラスにもマイナスにも働く。初期に強く働き、途中から暴走しないで治ってくれればコロナはただの風邪で終わる。しかし、免疫の初動が悪く途中から慌てて暴走すれば重症化する。

免疫が諸刃なのは、免疫を少しでも学んだ人間なら知っている。

そして、免疫に少しでも関与する薬は、投与のタイミングと量の加減が難しいことも。

あれだけオルベスコがもてはやされたが、予防になるどころか軽症の人に使ったら重症化する人を増やしただけだったことを忘れたのか? プレセボの方がセーフなこともある。特に軽症で自然治癒が見込める場合、副作用が無いことが重視される。途上国と違って先進国の老人は、慢性疾患を抱えていて、肝臓や腎臓の機能が衰えていることもある。

アビガンやイベルメクチンなどの「リポジショニング」は、本来はインフルエンザや他の病気で用法が決まったものを流用する。寄生虫とウイルスでは全く別の増殖をするのだから、必要な薬の量も変わってくることもある。

現に、今頃の論文を見ると、どんどんイベルメクチンの処方は量が増えている。ヒドロキシクロロキンも、そうだった。効かないから量を増やして行った結果、重篤な心臓障害が生じて治験が途中で中止になった。それをイベルメクチンの方が効くから変更になったとか、都合の良い解釈をしがちなのも情報量が、誰かの手で日本語になったもの限定だから仕方がない。

遠い国で、どれだけの科学リテラシーのある国かわからない国のデータを鵜呑みにするのも、論文の捏造やら不正やらの実物を見たことがないなら仕方がないだろう。かの国の人間がどんな発想をし、どんな仕組みで動いているのか、その国と取引や共同研究をしたことがなければ、わからぬだろう。それもこれも経験値が少ないのも、自分の周りの限られた事象だけで判断しがちなのも仕方ない、だって、それが「一般人」というものだから。

ただ、残念なことにリアルワールドは、そこまで単純ではないから現実は彼らの思い描くようには動かない。それは「陰謀」でもなんでもないってことをも、また「御素人様」にご理解いただくことも難しいのだ。

だから、「無敵の素人様」はリアルワールドでは何かしらの困難を抱えることになる。福祉はそんな人のことまで丁寧に面倒を見てくださるのだから、頭が下がる。が、科学者は馬鹿には付き合いきれない。

新型コロナが厄介なのは、普段なら「無視」出来る程度の陰謀論者らが、感染を広めたり、耐性ウイルスを作ったり、変異のドライビングフォースになったり医療崩壊の引き金を引いたりすることだ。もしかするとイベルメクチンも、ブラジル変異株はすでに耐性になってる可能性もある。(あの国では、それを確かめる術はない。見えるのは感染者・死者の激増だけ。)

普通の治験が走っている。AMEDのお金で、つまり税金で。それなのになぜ、公知申請? 

それとも特例承認を目指すの?

これが通るべき道です。他の薬(アビガンやフサン、スタチン、コルヒチン、アクテムラら)は、全部、黙って粛々とやっている。AMEDからお金出してもらって治験やってる最中に、何を他所ごと言ってるの?

人が集まってないから答えが出せないって? これ隠してますね?

人が集まらないなら、集める努力の方が先でしょう。治験やってるから参加してくださいって、呼びかける方が筋なのに。東京都立病院が治験に参加してくれるってことを伝える手間を惜しむのは何故?

治験に参加する人が240人集まって「効きませんでした」の結果が出るのが怖いの?

治験に参加してくださいと説得できるだけの科学的データを、主治医にも患者にも示せないから、増えないでしょう。

少なくともin vitroで効いてるってデータぐらい、北里が取ってれば、スクショでも貼れるでしょうに。示せないでブロックした。私は周りのお医者さんに、そのことは伝えて行きます。

現場は効くものなら使いたいですよ。同意書まで用意してくださった人が怪しいと感じるような動き、してては人は集まらないのも当然です。

科学者が政治力で捻じ伏せようとして、いいのでしょうか?