10211. イベルメクチンに副作用がないと言う人がいるけど、本当?

調べてみる。人の言うことは鵜呑みにしない性質なので。

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se64/se6429008.html

【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください

  • 重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。
  • 肝臓の障害..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。
  • 血小板減少..鼻血、歯肉出血、血尿、皮下出血(血豆・青あざ)、血が止まりにくい。

【その他】

  • 吐き気、吐く、下痢
  • 発疹、かゆみ、めまい
  • 肝機能異常、好酸球数増加

(以上、引用)

まず、滅多にない副作用が服用する人が増えてくれば、出てくるわね。医療の乏しい途上国だとそれが副作用として認知されないこともあるだろうけど。

次の問題は、服用する量が本来の使い方よりも増量する場合、副作用の出方も変わってくること。ヒドロキシクロロキンは、これが足を引っ張って脱落しました。

COVID-19専用に作られたわけじゃないから、多めに飲まないと効かないって話になりつつあるらしいから、そうなるとこれまで見られた頻度とは比べられなくなると思います。

軽症で0.4mg/kgですって。小柄な女性が50キロですから、20ミリ必要ですね。

大人の男性が60キロから70キロですから、24ミリから28ミリってことは、6錠から10錠。

3mg4錠では全然、足りません。

効かない sub-optimum の服用ほど、意味のない使い方はありませんぜ、旦那。

耐性にならないと限ったもので無し。

それから、何よりも気持ちが悪いのは、イベルメクチンはImportinと結合すると花木さんは言うわけですよ。インポーチンってのは、細胞質から核内へタンパク質( 主に転写因子)を輸送するシャトルの役目をしてる。これを阻害するってことは細胞の機能そのものもおかしくなるんですよね。

人間の細胞の外の独立生物=寄生虫の治療に使ってた量なら安全だったのが、人間の細胞の中にいるウイルスに対抗するために量を増やした途端に副作用が重篤になる危険性が、インポーチン結合が薬理作用に関わる説が本当なら、無視できないと私は考えます。