10111. コメント(2021/2/23)

(コメントいただきました)

10101. インフォデミックスへの対処は

インフォデミックスへの対処は言うが易しで、実際は難しいでしょ。

主流派側の意見:
「陰謀論者は、科学的合意が複雑で、陰謀に基づくものだとみなしている」
陰謀論者側の意見:
「主流派側は、自らに都合の良い科学的合意をブラックボックスから作り出している。我々は出てきた結果を単に述べているだけだ」

主流派側の意見:
「陰謀論者は、偽の専門家(陰謀論者側)を権威として、科学的な真実を述べている、真の専門家(主流派側)の専門家の信頼を貶めようとする」
陰謀論者側の意見:
「主流派側は、偽の専門家(主流派側)を権威として、糾弾されつつも『真実』を述べようとしている、真の専門家(陰謀論者側)の専門家の信頼を貶めようとする」

主流派側の意見:
「陰謀論者は、チェリーピッキングや質の低い論文を恣意的に選んで反論している」
陰謀論者側の意見:
「主流派側は、自分たちに都合の良い論文以外を検閲し、主流派側に都合の悪い『真実』を話すことを妨害している」

主流派側の意見:
「陰謀論者は、100%確かな結果や、全く副作用のない治療を期待している(が、それは存在しないので、嘘で人を騙すのはやめてほしい)」
陰謀論者側の意見:
「主流派側の意見に従うことが必ずしも最適である保証はない。例えば、主流派側の治療は50%しか効かないが、我々の治療が80%効くかもしれない」

主流派側の意見:
「陰謀論者は結論に飛びつくし、藁人形論法(相手の主張を歪めて引用し、その歪められた主張に対して反論するという誤った論法)を使っている」
陰謀論者側の意見:
「主流派側は結論ありきである。結論に至るまでの過程は一般人には理解出来ないし、結論だけ提示されているのと同じだ。主流派側は我々を論破しようとしているが、藁人形論法を使っているのはそちらではないか」

陰謀論者も主流派と似たロジックで反論できてしまいます。

善悪の価値観が絶対的であるキリスト教文化では、「絶対正義」を主張する主流派側は、「絶対悪」である陰謀論者をどんな手段を用いても(基本的人権を否定してでも)粉砕すべきだと考え、一方、防戦側の陰謀論者は、自らを聖書にある「迫害された民」であると考え(自分たちが正しいからこそ、悪に攻撃される)、攻撃してくる「絶対悪」である主流派の横暴に対し、徹底抗戦すべきと心に誓います。(意見を変える=棄教することを意味するので、許されない。)結局、立場を変えることはまずないでしょう。

日本では善悪は相対的なものであるため、主流派の主張は全て絶対善であり、非主流派の主張には真実の欠片もない、とまで極論する人は少ないと思います。

非主流派の主張が100%正しいと思いこんでいる人もいますが、そういう人は周囲の日本人の共感を得るのは難しいし、実際、まともに取り合ってもらえないでしょう(社会への影響力がどんどん弱くなる)。実例を見て、そう思いませんか?名前はあげませんが。

また、「主流派の主張が100%正しいのだから、陰謀論者の異論は一切聞いてはならない」と言っている人へ。上と同じロジックで、そういう人は日本では相手にされません。

結局、公開討論を大いにやらせ(日時を決めた討論でなく、勝手に発生するオンラインでの議論でもよい)、どちらの主張に分があるか、聴衆に各自判断してもらうのがベストでしょう。主流派も自分の意見を説得力をもって展開できないのであれば、残念ながらそれだけの根拠しか無いあやふやな主張であると判断されてもおかしくないですし、論理的に判断することができない人しかいないのであれば、それが日本の知的水準です。そういうものだとして対処する必要があります。討論の結果を見て、お互いに作戦を立て直し、また討論、この繰り返しで論理が洗練される。これですと禍根が最小限となるでしょう。

(以上、ありがとうございました)

日本は民度に頼るしかないんだと私は思っています。強制力もない、物量にも頼れない、人権も無視できない。誰かがカリスマ的に物事を収める事はしない国だと思います。(それができるのは天皇陛下だけでした)

聖徳太子の時代から、広く議論をし「和」と言う名前のコンセンサスを得る事で、日本はやって来たのだと私は思っています。

一神教のキリスト教が根付かない、宣教師の墓場だった日本は、今も変わってないと信じたい。

だから「黙って俺の言うことを聞けよ、聞けない人は小学生からやり直してください」って先生では、信用を勝ち取ることが出来ないんですよね。