9746. 後世に語り継ぐ事例として

近藤医師の話で盛り上がってるけど、准教授様が猫になるまでも後世に語り継ぐ事例だと私は勝手に思っている。

どこでどう間違ったのかは明らかだ。

どうやったら止められたのか? は、わからない。

ただもはや「異形のもの」と化してしまったら、浄化させねばならぬ。それは業界のためでもある。

常に免疫学者にバカにされてるウイルス学が、これ以上、軽蔑の対象にならないためにも、どうか引っ込んでいただきたい。

元からサイコパスだったかどうかは、さておきだ。

若くして教授になった西浦先生への嫉妬から、狂った男の悲しい物語なのか。

それとも、日陰者が任期終了間際に職を探しやすくするために「有名になろうとした」末路なのか。

100分の1作戦になる時点で劣化したのは、宮沢ファンのレベルに合わせたから。

ブロック宮沢発動で、理系の人間を尽く排除した結果だ。

議論から逃げる科学者に、ろくなものはいない。

これ結論なり。