9745. これは狙って修正に来てるんですよ

後出しジャンケンではありません。

宮坂先生は、宮沢さんの言ってることを知ってて、否定に来た。だからやなちゃん出演を快諾されたんですよ。

PCRで喉についたぐらいのものを拾うはずがない、粘液があって自然免疫が働いてウイルスは殺されてしまう、細胞内に入って増殖したものだけをPCRは拾ってると明確に。

ちなみに、細胞内で増えてる途中のものまで検出できるように「細胞をこそげとるようにして検体を採取する」のが検出感度を上げるコツ。液体だけを採取すると検出感度は落ちる。PCRの反応が同じでも、臨床検査の感度は「検体採取の方法」「検体採取の時期」「検体の種類」などによっても変わる。だから医師が総合的に判断する必要がある。

発症阻止と感染阻止の話についても、宮坂先生はPCR検査で追跡した論文もあると言ってますね。発症だけを3万人の治験ではカウントしてたけど、その前の3000人ぐらいの時はPCRをやったと言われてました。(私は原著未確認でごめんなさい、いずれ宮坂先生が文章でまとめられる時には引用を付けられることでしょう、当然の作法として。)