9643. ワクチンについて2

これだけは「淡々と」「冷静に」情報を伝えるだけにしたい。

9635. ワクチンについて

9613. 組織を代表する意見ではありません

選ぶ権利はある。拒否権も認める、でも、打ちたい人を邪魔しないで。

私はワクチン推進派です。でも、不安に思う人の気持ちもわかります。mRNAは特に新しい技術だから私自身も疑問もある。だから、その疑問に丁寧に答えてくれる人は、貴重です。

私はmRNAという「普通は寿命が短いはずのもの」から抗原として十分量のタンパク質が出来ることに疑問を持っていました。 ある人が、youtubeを探してくれました。

こちらで、各社、少しずつ違うストラテジーでそこを解決したのだと説明されていて、1つ、疑問が解けて、納得の方向へ進みました。

3つ全てに、ビオンテックが入ってるから、どこもかもTLRを回避するRNA修飾技術を使ってるのだろう。

ファイザーはrepliconなのだね、だとすると、これが一番、発現量が高いかもしれない。

(どうやらこの情報は古いらしいです、repliconは断念とのこと)

疑問を持つことは悪いことではありません。

医療医学の推進派の方は、質問には丁寧に答える姿勢は必要です。

CTL responseはどこまでつくのかな?

1時間ぐらいからQ&Aで、T cell recognitionは少数の筋肉細胞がアポトーシスで死んでマクロファージが食べて起きると言ってます。

最大の疑問、抗体価が落ちてくる4−5ヶ月後にADE=抗体依存性感染増強にならないかな?については、誰も答えを持ってないと正直に言う人を私は信じます。

有効性は2ヶ月ぐらいだけかもしれないから、イスラエルやイギリスなど、先行する国の様子を見ることができる。日本はラッキーだよ。

だから、今は慌てず騒がず、じっと観察しよう。

アデノベクターでないmRNAタイプで、IgAはどれぐらい上がるんだろう? 「十分量」のIgAはできるのかな?ってのも、ちゃあんと人間が答えを出してくれるんだから。