9626. 尾身先生と櫻井くん

いい人選だと思う。これで伝わるといいな。

「ぜひ5つのポイントを。
 1つはもうすでに
医療崩壊というのが始まってしまっていて
 若い人だって病気に
 盲腸になったりケガをする
 普通だったらすぐに緊急外来にいけるが
 そういうことがもうすでに
 できにくくなっている。

 2番目は
 ウイルスの特徴で
 感染しても特に若い人はほとんど
 症状がなかったり軽症なんです。
 これが特徴なんです。
 感染が少し時間差があって
 高齢施設、病院、家庭にいって
 感染が伝播し
 それによって重症化が起き
 医療の崩壊につながっている
 という一面が間違いなくある。

 3番目は
 若い人は高齢者に比べて
 感染しても重症化しないのは明らか。
 重症化する人は少ないが
 後遺症が残る人は結構います。
 脱毛したり、神経症状
 これがかなり続くということがあるので
 それに気をつけて
 そういうこともあるんだと。

 4番目ですけど
 今でも1年近くの間
 コロナのために 経済も大変疲弊しています。
 GDP 職を失う人、特に非常勤、非正規の人
 ますます若い人の仕事の
 チャンスが減ってくるということもある。

 最後、一番大事なことですけど
 今回8割削減ということをしなくても
 むしろフォーカスをおいてやった理由
 最後のポイントは
 3密を避けると何度も言っていること。

 若い人のちょっとしたことで 
 日本の医療を救える、一番の立役者になれる
 高齢者の命と日本の医療を
 是非5つの点をやって
 日本の社会を救えるんだというメッセージが
 若い人の間で伝わってくれるとありがたい」

にゃんこが揚げ足とる前に言っておくね、2月末には「全部、わかってたんだよ(後遺症を除いて)」

無症状から感染があることも、若い人より高齢者が重症化することも。三密を見出した人たちは空気感染も読んでいたから「飲食」が危ないことも知ってた。満員電車は大丈夫だけど、ライブハウスは危ないことも知ってた。引きこもりをお願いしたのは交通事故を起こされても搬送先がなかったからだ。(それは今も実は同じだと、その1で言ってるよね)

どうやって緩めていくか、出口として「新しい生活様式」も示したし、ガイドラインも業界団体に作らせた。PCR検査なしでの退院を6月には認めてた。今回ギリギリまで緊急事態宣言を出さないようにしたのも、飲食店や旅行業に配慮した結果だから。

それでも感染を広げたのは「コロナ楽観論者たち」だから。