9613. 組織を代表する意見ではありません

私の個人的な意見ですと、一々断るのが面倒なので、私は資格もポジションも所属組織も名乗ることはしません。

私はアンチ宮沢の急先鋒で、彼が『獣医は感染して死んでもアクシデントだから仕方がない、今回医者は逃げ回ってる』発言は絶対に許せないし、『無症状ならPCR陽性でも看護・介護者は働けば医療崩壊しない論』は院内感染予防の観点から間違ってるから、彼が叩かれるのは当然で、私も手を緩めるつもりはないです。

そして、ワクチンについても、人工抗体(治療)の時の話(重症化はサイトカインストームであってウイルスそのもののせいではないので抗体を入れても効かないって話)と、ワクチンの話がどこかで混同した話し方をした彼も悪いし、日頃の言動に医療クラスター が腹を立てて、これをきっかけに総スカンを食らったのも身からでた錆だとは思っていますが。

空気感染を否定してきた宮沢さんが急に空気感染ルート(肺炎=COVIDの重症例はこっち)だけのように言って、飛沫感染による上気道炎(インフルはこっち、コロナでもある喉の痛み=軽症はこっち)を無視した話にするし、そこに肝臓だの血液感染ウイルスの話を絡めるからややこしくなるし(要するに話し方が悪いんだよ=頭が整理されてないままに話するから)

そんな「アンチ宮沢」の権化となってる私でも、ここは科学的に冷静な議論はしたいと思っています。ワクチンってとても大事なことだから。

mRNAワクチンのモデルナ&ファイザーと、チンパンジーアデノベースのアストラゼネカのどちらも筋注なのね。

全く仕組みが違うのですが・・・・話がごちゃ混ぜになってしまうのよね・・・そこは本当に、よろしく無いです。

(宮沢さんは中国だのロシアだの日本に入ってこないワクチンの話をするから、さらにややこしくなる。知ってることの中で何が大事で何が必要ない知識かの整理ができないのは良くないです。)

感染阻止、発症阻止、発症後の軽症化、ワクチンの効果が弱くなるほど出来ることは限られてきます。日本でやってるインフルワクチンは、最後の発症後の軽症化にしか役だって無いかもしれないこともあり(予防接種したのに感染した〜って人が一定の割合でいる)、よりIgAの誘導に特化した経鼻接種ワクチンの開発は課題とはなっていると言う認識です。 

肺に直接取り付く場合は、むしろIgGが効くでしょうよ、肺は血管のすぐ側なんだから。IgAが必要なのは「飛沫感染」のルートの話。そこで肺の図を出すから、話がおかしくなる。

(ついでに、麻疹がリンパ球に感染して全身に回るってのは、あまり内科医には知られてないってのも問題・・)

mRNAワクチンが抗体だけでなく「細胞性免疫=CTL」を誘導出来る理由と、壊れやすいはずのmRNAが、RNA-repliconでも無いのに十分量のタンパク質を作れる謎が、新しい技術故に「納得できない感」がするのは、私が勉強不足だからだと思います。だから、知りたいのよね。知って納得して打ちたいのよね、選べるものなら選びたいとは思っています。(どうやら筋肉の中で作られるSタンパク質は異物としてHLAの上に提示されるらしいのけど、本当? それで本当にエフェクターが誘導できてるの?)

私は「反ワクチン」ではありません。麻疹のワクチンなんて打てる時期がきたら、いの一番に子供に打たせた親です。私はウイルスベクター推しってのは前から読んでる人は知っている。

ワクチンのことは科学的に冷静な議論はしたいと思っています。

抗体の中でもIgAを外(粘膜)に分泌させる免疫を形成することが「感染予防」には重要で、それが不十分な状態だと、自分は発症しないけど他人には感染させてしまう「無症候性キャリアー」になってウイルスをばらまく危険性があるって話。

これは混同されやすいけど「ワクチン接種しても十分な免疫ができるまでは自分がコロナに感染する可能性があるから、マスクして予防しましょう」ってのとは、少し別の話です。

でも、どっちでも結論は変わりません。ワクチンしたからマスクなし!って、すぐにはならないってことです。

本当はワクチンの話をする時期になる前に、彼を「よしもと」系列のワイドショーから排除しておく方が、正しく科学的な議論をゆっくり冷静に出来たと思うんですよね。

彼の存在そのものが、反ワクチン派に担がれるシンボルになってしまうことが目に見えてたから。

自分の中で後悔が残ります。年末に手加減するんじゃなかった。

(ワクチンに関しては宮沢さんの言葉の誤解を受けた部分の補足説明はするけど、最後はいつもの「ピークアウト芸人はいらない」論に戻る、いつもの悪魔です。彼は部分的に合ってることを言うけど、大部分が間違ってるから害です。)

わざわざ高い金かけて噴霧器を使ったフルミストって経鼻接種を開発するのも、分泌型IgAを上げたいから。