9455. コメント(2021/1/11)

コメントいただきました。

9449. google先生がピークアウトを予想しなくなりました

死者数の増加は「医療崩壊」が加味されてるように感じます、アルゴリズムは言われても、よくわからないので未確認ですけど

ものすごく簡略化した話をします。

SIRモデルのうち、I(感染者)の一定割合が重症化すると考えます。
重症化したら、医療崩壊していない(ベッドがある)場合は回復できる可能性が高いですが、医療崩壊(ベッドがない)状況ですと死亡になります。重症者は感染者数に比例しますが、ベッドが開くペースより重症者が増えるペースが圧倒的に速いと、空きベッドがないため、重症者はほぼ全員死亡します。

SIRモデルでは、感染爆発状態ではIは指数関数的に増加しますが、これは死者数(一日あたりと、累積の両方)が指数関数的に増加することを意味します。

現在の状況になりますと、非常に残酷で残念な決断ですが、重症者病床を減らし、医療資源を他の業務に割り当てるべきだ(9438のような回復期治療で重症者病床長期占有者を減らす、そもそも重症者を減らすための治療、コロナのせいで遅れていた非コロナ患者の治療、場合によってはハイリスク環境による医療従事者の損耗を避けるために一時休業)との判断が社会的に最適解となってしまいます。あとは誰が泥を被るか、人殺しと呼ばれてでも社会全体として多くの人を救うための行動を取れるか(人死にの数が少なくなるよう、トロッコ問題のポイントを意識的に動かせるか)の問題です。

日本ではトリアージの議論は無理みたいですね。かわりに消極的トリアージが行われています。空いていたら誰であっても入れる。空いていなかったら黒タグ。空いているかどうかは運次第。

私は医療関係者ではありませんが、数字を見て冷徹な提言をすることはできます。誰かが言い出さないといけないのであれば、スカートの陰からの匿名で申し訳ないが、言います。この社会の中で必要な人に伝わることを願いつつ。

とにかく自衛してください。私が一般人の方に言えることがあるとしたら、この一点に尽きます。

(以上)

9444. 夜は冷えますので、お早いお帰りを

自粛はもはや自衛ですよね。病院でまともな治療を受けることができる可能性が激減している今、どこまでリスクを取りたいかは各人が自己責任で判断することです。やらされる自粛ではなく、自分を守るための自衛という心の持ちようを広げていきたいです。高リスク行動をしたい人には、好きにやらせておけばいいのです。痛い思いをして初めてわかるか、気がついたら苦しむことなく違う世界に移っているのですから。

(ありがとうございました)