9393. もはや東京都限定で発症日ベースのグラフにしか頼るものがなくなった@昼下がりのにゃんこ

東京都には野良PCRから陽性者が「計上」されるからだと言いたいのだろうけど。

発症日別はすぐには統計に反映されないし、実数は「覚えてない」など不確かなデータは間引かれるので「減って」見える。

しかし、首都圏全域が増えてること、日本全国でも増えてること、な〜んにも触れないで、ただただひたすら、1つのグラフに固執するのって、もはや科学とは言えなくなってきてませんか?

東京都の公表するPCR陽性者の意味がだんだん分からなくなってきました。少なくとも陽性率はカオスで、まったく信用できません(理由は自分で調べて下さい。)。

比較的信用できるのは、発症日ベースのPCR陽性者数です。以下の図は本日の更新分を含んでいます。今のところ依然として12月22日がピークになっています。28日、29日辺りがどれくらいまで上がってくるのかを注目しています。これが急激に上がっているならピークは年を越していて、これが22日頃とあまりかわらなかったら年末にはピークアウトしていたといえるのではないかと思います。もう少し経過を追うことにします。結果があとからしかわからないのがもどかしいのですが、リアルタイムのPCR陽性者数が人為的影響を強く受ける以上、仕方がないと思います。

https://note.com/takavet/n/n98008fd35ba3

先行指数として「発熱外来相談件数」ってのがあります。

電話が繋がらなくなるので、一定数で頭打ちになりますが、そっちが激増してますから、今後もピークアウトなどしないです。

9385. 発熱相談件数は先行指数

9389. 屁理屈つけないでくださいね